ベルリンでの個展 「3×SOLO TAKAYUKI DAIKOKU展」

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

6月10日、個展3×SOLO TAKAYUKI DAIKOKU展がベルリンで開催されました。

大黒 貴之 個展@Semjon Contemporary
当日は、サッカーのヨーロッパ選手権が開催されていたのもかかわらず、
多くの方が来場くださり、何かジーンと去来するものがありました。

同時開催しているのはヘンリック・U・ミュラーさんとウテ・エッシッヒさん。

3×SOLO TAKAYUKI DAIKOKU berlin-01Henrik Urs Müller ( Experimental Photography)

ヘンリックさんは、ぼくの彫刻を初めて購入してくださった方で、
2002年、第一次渡独のベルリン滞在中には、とてもお世話になりました。
彼は、とても思い入れがあるドイツ人です。

3×SOLO TAKAYUKI DAIKOKU berlin-03Ute Essig ( Porcelain Installation & Stitchwork)

2人ともとても気品のある作品をつくられます。
その彼らと同時期に個展を開催できることに大きな喜びを感じています。

3×SOLO TAKAYUKI DAIKOKU berlin-04Takayuki Daikoku (Sculptures and Carve Paintings)

そして、これを機に初めてのソロカタログが出版されます。
ISBNナンバーのついた立派な書籍として世に出されますよ。

カタログ紹介が7月3日(日)15時から、
会場のセミヨン・コンテンポラリーで行われます。

展覧会は、7月23日(土)まで続きます。
火~土 13時から19時まで。
Semjon Contemporary
Schröderstraße 1, 10115 Berlin

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
【彫刻家のアトリエ】彫刻家は自分の世界を見せることができる仕事場を持とう!

芸術家が仕事場(アトリエ)を持つことは非常に重要です。芸術家は制作することが仕事です。みっちり作品がつくれる空間を確保し、実物の作品をみてもらえること。ぼくがドイツで経験し痛感していることです。

2
あなたは何者?芸術家になるなら揺るぎない自分の肩書きを持とう!

日本にはニューヨーク市が発行しているプロの芸術家証明書というものがありません。つまり芸術家の定義がないようです。どのような人が芸術家になっていくのでしょうか。

3
【縁起の間】白梅・彫刻・石楠花

庭に咲く白梅を眺めながらの所感を記録。その物事が本当に良いかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのでしょう。白梅と彫刻と石楠花のこと。

4
目に見えるものと目に見えないもの。大切なものほど目に見えない

目に見えるものは分かりやすく、目に見えないものはわかりにくい。最近ぼくが聞いたとても感慨深い話です。

5
【しなやかに生きる】勝ちを急ぐときほど勝ちが遠のく-赤ちょうちんの大将のこと-

「勝ちを急ぐときほど、勝ちが遠のく」と最近聞く機会がありました。20代の頃、よく飲みにつれて行ってもらった京都三条の大衆居酒屋。その赤ちょうちんの大将の記憶と彼の言葉を思い出すことがしばしばあります。

 - 展覧会