「彫刻のない美術館」に広告を貼らない理由とバナーのこと

      2018/02/09

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

Prickle Column / 棘柱 (部分),2014, Landscape & Gardens, 背景:スザネ・クナックによる絵画, photo:Lukas Heibges

ブログ自体のことは滅多に書きませんが、
HPの紹介も兼ねて、
たまにはこのような記事もいいのではないかと思います。

本ブログ、彫刻のない美術館は
大黒貴之の活動記録や考え、また現代アートのことなどを
主に書いています。

彫刻やドローイング、また略歴だけの掲載でも
HPとして成立するのでしょうけど
自身の活動記録や備忘録としてもブログを
活用したいと考えています。

決して一般受けはしないマイノリティなブログですが、
お陰様で、月間PVは6000PV前後を推移しています。

1日のPVが50PV以上のブログはトップ約30%、
100PV以上で約12.5%に入っていると言われています。
そう考えると1日200PV前後ある本ブログも
少なからずとも読んでいただけているようです。

率直に嬉しいものです。

・・・・・

このブログには、広告を貼っていません。

貼っても雀の涙ほどの収入しかないこともありますが、
何より他の商品写真で画面がチカチカするのが嫌だという要因が大きいです。

こちらに掲載している文章も自身の作品の一部だと
考えています。ですので、作品に広告が貼られているのも
違和感がありますので、それはしないでおこうと考えています。
(※記事に関係するおすすめの書籍などは、いくつか掲載しています)

一方で、本ブログや作品をみて、
「共感したよ。とか、大黒の活動を応援してもいいよ」
という方がおられるかもしれません。
(そう思っていただけたら嬉しいなぁ)

Amazonのバナーを各記事の最後に設けました。
そちらから買い物をしていただければ、
Amazonから紹介料が少し入りますので、
そちらを活動費や道具材料費の一部にあてたいです。

現段階ではAmazonバナーを貼ることにしましたが、
他にもブログ経由での良いフォローの方法があるかと思います。

現代アートは万人受けするジャンルではないです。
そのようなジャンルを取り扱っているこのブログも同じです。

ただ、たった一人の人でもいいので、
僕の作品や文章から、共感を得たり、また何かを考える1つのきっかけになればと。

長い作家人生ですが、自分の目標に向けて
一歩一歩の前進していくことが一番の近道です。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事
【解釈の発生】飽きないアート作品とは?あと本ブログのたった1つのルール

↓このようなバナーを各記事に貼っています。

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - お知らせ