ドローイングって何ですか?

      2016/11/15

ドローイングは、作品のスケッチではない

彫刻家の大黒貴之です。

彫刻をつくる際に
どのような形にして、大きさはどれくらいで、
どんな素材にしようかなぁ。
というのは、作品のイメージスケッチです。

僕が言うドローイングとは、
作品ができるもっと以前にある何かモヤモヤっとしたイメージで
それがニュルッと出てくる感じの生き物のような存在です。

つまり、彫刻などの最終形の作品が生み出される
もっと根源的で原始的なものです。

そのドローイングは、何日、何か月、何年後の
作品にどのようにつながるのかわかりません。

しかし、それらは将来つくる作品の伏線になります。

あの時のドローイングが、この作品につながったのか。

なんて、数年後のある日に、
そのときつくった彫刻と最近ドイツで描いたドローイングが
同じ場所で展示されていたら、とてもカッコいいです。

 

アレゴリー

僕のドローイングは一点だけを見るより、
いくつかの連続体もしくは集合体にして見ると何かしらの意味が現れ始めます。

それらは、暗喩されたものの集合体である諷喩(ふうゆ・アレゴリー)と言われるものです。

 

ドローイングは、制作をする上で新しい領域の発見になる

もう一つの大事なポイントとして
ドローイングは、制作において新しい領域を発見できる手がかりになります。

僕のギャラリストであるセミヨンさんは、何度もこう説明してくれました。

「ドローイングを描きなさい。
特にスランプに陥ったとき、ドローイングを描くことはとても大事だよ」

「ドローイング、ドローイング、ドローイング!」

TD_Zeichnung_09-2013
ドローイング 無題(SC 09-2013)
2013
29.7×21 cm
紙に鉛筆

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - ドローイング