【改良】テキスト枠を見やすくして記事を追加しましたよ

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

上のメニューにある「テキスト」ページを見やすくして
これまでの記事やポートフォリオなどの資料を追加しました。

ベルリンのギャラリー、セミヨン・コンテンポラリーや
ドイツの新聞記事や雑誌、ベルリン在住の日本人ジャーナリストによる
テキストです。

2013年にベルリンで行われた個展「連綿ー途切れることなくー」や
2015年にブランデンブルグ州ヴァーゲニッツ村で約6か月間に渡って
開催された野外彫刻の個展「ランド・アート・シュロスパーク・ヴァーゲニッツ」の
記事や写真資料をアップしました。

第三者が書いた記事や編集したポートフォリオを眺めると
ブログ記事や作品写真からだけでは感じ取れない印象を
受けることだと思います。

追って少しずつ他の記事もアップしていきます。
それでは、どうぞご覧ください。

大黒貴之 彫刻のない美術館 text / テキスト

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
【彫刻家のアトリエ】彫刻家は自分の世界を見せることができる仕事場を持とう!

芸術家が仕事場(アトリエ)を持つことは非常に重要です。芸術家は制作することが仕事です。みっちり作品がつくれる空間を確保し、実物の作品をみてもらえること。ぼくがドイツで経験し痛感していることです。

2
あなたは何者?芸術家になるなら揺るぎない自分の肩書きを持とう!

日本にはニューヨーク市が発行しているプロの芸術家証明書というものがありません。つまり芸術家の定義がないようです。どのような人が芸術家になっていくのでしょうか。

3
【縁起の間】白梅・彫刻・石楠花

庭に咲く白梅を眺めながらの所感を記録。その物事が本当に良いかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのでしょう。白梅と彫刻と石楠花のこと。

4
目に見えるものと目に見えないもの。大切なものほど目に見えない

目に見えるものは分かりやすく、目に見えないものはわかりにくい。最近ぼくが聞いたとても感慨深い話です。

5
【しなやかに生きる】勝ちを急ぐときほど勝ちが遠のく-赤ちょうちんの大将のこと-

「勝ちを急ぐときほど、勝ちが遠のく」と最近聞く機会がありました。20代の頃、よく飲みにつれて行ってもらった京都三条の大衆居酒屋。その赤ちょうちんの大将の記憶と彼の言葉を思い出すことがしばしばあります。

 - お知らせ