どのような現代アートの作家になりたいのかを知ることで行動が決まる

      2016/11/15

彫刻家の大黒貴之です。

現代アートの作家として活動していく道中では、
いろんな方向の道があるのだと思います。

野球選手には、草野球、高校野球、大学野球、
社会人野球、プロ野球、マイナーリーグ、メジャーリーグなど
いろんな方向性があります。

もちろん、その人の才能や不断の努力
運にも左右されると思いますが、
それぞれの選手が自分の進路を
その時の決断を元にして歩んだ結果が今のポジションを反映しているのだと思います。

作品を生み続ける作家の進路にも同じようなことが言えるのではないでしょうか。

例えば、
年に一回貸画廊で個展を開くことができればいいのか。
自分の顧客を開拓して、自分の市場を作り上げるのか。
国内の市場に合わせて、作品をつくるのか。
海外のギャラリーと仕事をしたいのか。
国際的なアートフェアや美術館にも作品を出品したいのか。
作品で生計を立てていきたいのか。
市場とは距離を置いて制作を続けていくのか。
生きているうちは全く売れなくて、100年後に再評価されたいのか。

多くの貸画廊や日本独自の美術団体展があり、また、誰でもアーティストになれる日本において、
「どのような作家になりたいのか」ということを考え、行動することは
作家として駒を進めていく上で、大切な要素になるのだと感じます。

また、その動きによって出会っていく人たちも変わるのではないでしょうか。

自分はどのような作家になりたいのか。

それは作家だけに限ったことではないと思います。
つまり、自分はどの山をどこに登っていくのか。

そのことを最初にインプットし、後は、周囲の雑音をサラリと受け流して、
粛々と自分の仕事を全うしていくこと。
それが自分の目標に近づく一番の道ではないかと思う昨今です。

2014.9.2

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 現代アート, 思考する