「 現代アート 」 一覧

現代アートは作家が制作した作品を取り巻く環境(システム)によって形成されている

2014/07/21   現代アート

現代アートは作家だけで形成されているのではなく、ギャラリスト、評論家、キュレーター、メディア、鑑賞者など、作品を取り巻く環境(システム)で成立しています。そして、本当に良い作品はその環境の振るいにかけられ、時間の圧力に耐えたものが残っていくように思います。

自称芸術家という報道に想うこと

2014/07/16   現代アート

ろくでなし子さんが「わいせつ電磁的記録頒布」という容疑で逮捕されました。彼女は、芸術作品だという主張をしていますが、一体、どのようになれば現代アート作品として成立するのでしょうか。そのテーマについて考えてみました。

なぜ芸術は必要なのか。それは長期的な視点で物事を考える力を養える、もしくはそのヒントになるから

なぜ芸術は必要なのか。その答えの一つとして、長期的な視点で物事を考える力を養える、もしくはそのヒントになるからとぼくは考えています。日本の現代社会が抱える問題は、長期的な視点を持ち実行していけば解決できるものだとぼくは思います。

ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

2014/06/30   現代アート, 思考する

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

美術も美術教科さえも、もはやなくなっていくのでしょうか

8割が非常勤講師で構成されてる日本の中学高校の美術教科。このまま学校教科から無くなっていくかもしれません。

空と木

一人のドイツ人との出会いによってぼくの作家人生は変わった

2014/04/01   現代アート, 人生,

人生の旅路にある出会いは、どこで起こり、そして、その意味は、いつ結びつくのかわかりません。あるドイツ作家との出会いは、彫刻家してのぼくの人生に大きな影響を与えることになりました。

SC-preview-04

ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

2012/09/18   現代アート, 彫刻, 展覧会

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

梱包するアーティスト、クリスト&ジャン・クロード

2011/09/28   現代アート

梱包するアーティスト、クリスト&ジャン・クロードのクリストさんが東京藝術大学で講義を行い、その様子をインターネットを通じて観ることができました。

芸術家、アマとプロは何が違う?ニューヨークにはプロの定義があるよ

ニューヨークでは、「プロの芸術家」という定義をちゃんと設けているそうです。具体的にどのような人がプロの芸術家と認知されるでしょうか。書籍「ニューヨーク―芸術家と共存する街」を拝読して。