「 日常 」 一覧

【井上家の大改修】訪問するたびに表情が変わる倉敷、美観地区

2017/12/10   日常

2017年11月、岡山県倉敷の美観地区を再訪しました。紅葉シーズンもうまく重なり、非常に見ごたえのある風景が広がっていました。大原美術館が素晴らしいのはもちろん、目下、大改修が行われている井上家の見学からは多くの学びを得ました。

【無知の知】僕が合気道の稽古をする理由の1つ

2017/12/08   思考する, 日常

合気道の稽古を始めたのは2009年の年明けでした。一時期は腰の故障で稽古ができない期間がありましたが、今、再び合気道をすることができています。なぜ僕は稽古をしているのか?そのことを少し考えてみました。

【知識・見識・肝識】”わかる”とはどういうことなのだろうか

2017/11/23   思考する, 日常

「わかる」には「3つのわかる」があると以前どこかで読んだことがあります。それの本によれば、知識・見識・肝識という言葉が用いられていました。わかるとはどういうことなのでしょうか。

【健全と患い】健康な時ほど健康と気づかないもの。椎間板ヘルニア、帰国後の経過

2017/06/29   人生, , 日常

健康な時ほど病気のことなど、つい忘れてしまう。ハクション!と鼻水を垂らし熱が出てきたときにようやく健康の有難みを実感するものです。ドイツで患った椎間板ヘルニア。帰国後の様子です。

【メッセージが届くこと】それは意外なプロセスで相手に伝わることがある

2017/05/30   人生, 日常

伝えたいメッセージは必ずしも相手に直接届かないのかもしれません。それは意外なプロセスを経て、伝わることもあるようです。終電間際の人でごった返した駅改札。ぼくが経験したある不思議な出来事です。

【集中と休憩のバランス】作家の日常は決して華やかではなく淡々とした連続ですよ

2017/02/11   人生, 思考する, 日常

海外生活をすることやもちろん日常の生活を続けていると集中と休憩のバランスが大切になってきます。作家の日常も、この集中と休憩の中で淡々と活動しています。

【車が凍る】ドイツの冬は寒くて暗いぞ!ぼくが体験した冬のドイツ、8選

寒い冬の日が続きます。ドイツの冬は非常に寒く、暗い時間です。仕事部屋の窓から見える日本の冬景色を眺めながらドイツの冬が懐かしくあります。ぼくが経験したドイツの厳しく美しい冬の光景です。

寒波の影響で外は雪化粧だ!でも車が田んぼの畔に落っこちるぞ

2017/01/17   思考する, 日常

寒波の影響で自宅周辺は一面雪景色です。子供たちにとっては雪遊びで楽しい一日になりますよね。でも凍っている道路を車で運転するときにはくれぐれもご注意を。

嘘のような本当の話。作家にそれをいっちゃあいけませんぜ!

2016/12/03   , 日常

作品をつくっている人に対して、少なくとも初対面とかあまり仲良くなってないのに、それを言っちゃダメでしょということをぼくの体験から。嘘のような本当の話。

©大黒貴之 Takayuki Daikoku

世の中にはいろんな能力の人たちが必要。もし全員が同じような能力になったら社会はつまらない

2016/02/22   思考する, 日常

仮に全員が労働者になったとして社会の中で新しいサービスや概念、イノベーションは一体だれが生み出すだろうか?そのような疑問から生まれた考察です。

運も実力のうちというが、運は自分で引けよせなければやってこない

運、根、鈍という言葉を知ることがありました。周囲を見ていると事業をしている人や一人で仕事に取り組んでいる人たちは本当に運というものを大事にしています。

なぜ芸術は必要なのか。それは長期的な視点で物事を考える力を養える、もしくはそのヒントになるから

なぜ芸術は必要なのか。その答えの一つとして、長期的な視点で物事を考える力を養える、もしくはそのヒントになるからとぼくは考えています。日本の現代社会が抱える問題は、長期的な視点を持ち実行していけば解決できるものだとぼくは思います。

美術も美術教科さえも、もはやなくなっていくのでしょうか

8割が非常勤講師で構成されてる日本の中学高校の美術教科。このまま学校教科から無くなっていくかもしれません。

空と木

テレビを見ない生活を5年、そして、8年続けて気づいたこと

2007/03/19   現代社会, 思考する, 日常

テレビとは私たちにとって一体どうような存在なのでしょうか。テレビを見なくなって数年が過ぎました。極力スイッチをつけないようにしています。その分、たくさんの素晴らしい音を聞くことができています。それに考える時間が増えました。