梱包するアーティスト、クリスト&ジャン・クロード

      2016/11/03

小さなものから巨大な建築物、島までをも梱包する

梱包するアーティスト、クリストさんが東京藝術大学で講義をする様子を
インターネットを通じて拝聴することができました。

クリストさんは、布でいろんなものを梱包するアーティストとして知られています。
彼は奥さんのジャン・クロードさん(1935-2009)と一緒に
クリスト&ジャン・クロードという名前で活動を続けてきました。

初期の作品は、ドラム缶や乳母車など比較的小さなものから出発していますが
その規模は次第に巨大な建築物をも梱包することになります。
ドイツの国会議事堂やパリの歴史ある橋「ポン・ヌフ」さらには
島までも布で覆ってしまったのです。

クリスト&ジャンヌ=クロード01↑ベルリンの国会議事堂を梱包する

プロジェクト達成に至る長い交渉時間と活動資金

当然、そんな大きな計画は一朝一夕に成ることではなく
膨大な資金と人力、時間がかかるものです。

「オーバー・ザ・リバー」という作品は
アメリカのコロラドの川の上におよそ10kmに渡って
特殊な布を天井のようにしてかけていくプロジェクトです。

ちなみにこのプロジェクトは1992年から2011年まで、すでに19年が過ぎ
10億円以上の資金投入されています。
そして、作品の設置や布を創ることに多くの技術者が尽力し
場所の使用許可を取るのに膨大な時間と人材を要しています。

クリスト&ジャンヌ=クロード03↑2011年に進行中のプロジェクト「オーバー・ザ・リバー」のドローイング

これらの活動資金は、スポンサーを募ることなく全て
クリストのドローイングや小品を彼の奥さんである
ジャン・クロードさんと共に売って資金を集めているのです。

スポンサーが付くと自分がしたいことを100%実行できないからでなのでしょう。

何かを想像して現実のものにするには、多くの時間とお金、人材が必要なのです。

美術は自分たちの彼岸にあるように聞くことがたびたびありますが、
クリストのような活動の仕方を眺めてみると
アートも実社会と密接に結びついているのだということがわかります。

また、非現実なものを現実にすることは長期戦なのだと改めて感じました。

クリストの作品を目の当たりにした人たちは
その迫力に驚かされ、それまで持っていた価値観を揺さぶられることになるでしょう。

そして、梱包されたそれらの作品は数週間で撤去されることにより、
作品は観た人びとの頭の中に残り続けるのです。

クリスト&ジャンヌ=クロード02↑パリの歴史ある橋「ポン・ヌフ」を梱包する

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 現代アート