【展覧会のお知らせ】MARUEIDO JAPAN、オープニング展「DIFFUSION」

      2018/04/16

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。


展覧会のお知らせです。

2018年4月24日より六本木と溜池の間、六本木通り沿いに
新しいギャラリースペースを構え MARUEIDO JAPANが始動します。

その記念すべきオープニング展に参加させていただく運びになりました。

以下、展覧会の紹介文です

この地は 常に変化する東京の中でも
特に開発が著しい場所であり、
その規模は未来に向けて拡大し、
絶えず新しい価値を発信し続けています。
DIFFUSION、 それは世代 バックグラウンド
表現手法など全く違う8名の表現者が集まり、
ここからそれぞれの未来を目指し
大きく《拡散》していくという意味です。

MARUEIDOJAPANもまた、ここに集い
そして今後出会う方々と未来を創造し、
広く発信していきたいと考えております。

[DIFFUSION]
アーティスト : 小柳景義 大黒貴之 藤崎了ー
増田将大 山岸千穂 横溝美由紀
吉川民仁 ロビンソン愛子
会期 : 2018.04.24 - 2018.05.16
時間 :11:00 - 18:00
閉廊日 :日・月・祝日 ※ 5.3(木)-5.5(土)は開廊
場所:107-0052 東京都 港区
赤坂2-23-1 アークヒルズフロントタワー1F

MARUEIDO JAPAN
Website:http://marueidojapan.com/
Facebook:https://www.facebook.com/MARUEIDO.JAPAN

僕は新作の彫刻と
これまでに制作したドローイングを展示させていただきます。

お近くにお越しの方はどうぞ当展覧会をご覧ください!

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

kindle本


①場所を取らない②旅行にも手軽に持っていける③デバイス内の検索がしやすい
僕の読書はkindle本を用いることが多々です。

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 展覧会, お知らせ