【時間・存在】ミステリアスに包まれた作家、河原温

   

彫刻家の大黒貴之です。

河原温(かわら おん 1932-2014)という
日本人作家がいました。

国際的に高い評価を受けている
現代アートの作家です。

Photo credit: nobihaya via Visual hunt / CC BY

存在するとはどういうことなのか?リアルとヴァーチャルの間で

河原さんは1959年に日本を離れ、
欧米などに滞在し、65年頃から
ニューヨークを拠点にして活動を始めました。

彼の活動の特徴は
「自身の姿は表に出さない」という
姿勢が徹底されていたことです。

日付だけをペインティングした作品、
起床時間のみを書いた絵ハガキを
旅先から友人に送る作品、
或いは、電報や手紙で
「I am still alive」と記載して送付した作品など。

作品は世界各地のギャラリーや
美術館などで展示されてますが
作家自身の存在は、
ほとんど誰も確認できなかったそうです。

時間や存在という深いテーマを扱い、
最後までミステリーに包まれた作家、
河原温さん。

今日では、インターネットが
自明的に使わるようになり
手紙や電報などの使用頻度は
めっきり少なくなりました。

インターネット上にはたくさんのSNSが登場し、
リアル社会では出会うことがなかった人たちの存在を
知ることができるようになりました。

しかし、彼女/彼の存在は、実際にお会いして
顔を見て、声を聞き、話をすることで、
初めて確認できるのだと思います。

ぼくの存在も本当にあるのかどうか、
パソコンやスマホなどのインターフェース上だけでは
確実には確認できないわけであります。

一方で、友人知人は、
ぼくがSNSを更新することで、
「大黒はまだ活動しているのだな」と
思うもまた確かなことです。

ヴァーチャルや人工知能などのテクノロジーが
普及すればするほど、リアル世界での生の交流が
より大切になってくるのだろうと思います。

現代の文明の利器をうまく取り入れながら
この時代を楽しみたいなとぼくは思っています。

最近、朝起きて目が開き、
「今日も生きている」と、
思うことが増えたように感じています。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 現代アート, アートのお話