なぜ現代アートはよくわからないのに、服や音楽、漫才などのことはよくわかるのだろうか?

   

彫刻家の大黒貴之です。

昨日の話の続きですが、
なぜ自分の確固たる肩書きを持った方がいいでしょうか。

それは自分ではっきりとした肩書きを
名乗らないと人は勝手にその人のことを
位置づけしてしまうからです。

例えば、ぼくのことでいうならば
自分のことをちゃんと「彫刻家」と言わないと
「造形家」とか「立体の作家」とか言われてしまうからです。

芸術家には、試験も免許も資格もありません。

あるのは、作家本体と作品と実績のみです。

だから、まず作品がなければどうしようもありません。

後は、芸術家としてどのように歩んできたのかという実績です。

作家は作品をつくって、観てもらう(世間に問う)のが仕事

日本の場合は、学歴も大きく加味されるように感じます。

しかし、ドイツで活動をしていたときに
最も重要だったのは、やはり作品でした。

日本の芸術大学のことはドイツ人は知りませんから。

どのような作品をつくっているのかという
実物を見せれることがとても大切なんだと実感しました。

それと作家としてその後もやっていけるのかどうかということや
ギャラリストと作家との信頼関係とかだとぼくは思います。

例えば、芸能人やタレント、歌手など
一芸に秀でた人たちを見るときに学歴ってみますかね?

中には高学歴な芸能人もいますが、
それはそのギャップが売りなのであって
基本的は見ないでしょう。

漫才師なら、漫才が面白いかどうか。

歌手なら美しい歌かどうか。

女優や俳優なら素晴らしい演技をしているか。

そんなところを見ているのではないでしょうか。

作品をつくる作家もそのような人たちと
同じだとぼくは考えています。

芸術家だけが特別なわけでもなんでもなく
アート作品というものをつくれる
一芸に秀でた社会の一員なのです。

芸術がよくわからないのは、それに触れる経験がないだけ

芸術はよくわからないという言葉をよく聞きます。

一方で、音楽や漫才、漫画アニメは
多くの人たちは、自分の好き嫌いを持っていて
あのバンドの新曲いいよね~とか
あの漫才の漫才、サイコーと言って
自分に合ったものをチョイスしています。

なぜなのでしょうか。

それは、それを見る聞く経験を
子どものころから数多くしてきているからです。

テレビやラジオ、雑誌、インターネットなどを通じて、
その情報が手元に届き、そして、体験をする。

ファンならば、舞台やコンサートにも
出かけて生の雰囲気を体験します。

そしてその体験の中で無意識にうちに他と比較をして
自分に合ったものを選んでいるのです。

食やファッション、車など
全てにおいてそうなのだとぼくは考えています。

ベルリンには、数多くのギャラリーや
美術館、アートイベント、雑誌や新聞などを通じて
現代アートの情報がたくさん発信される環境になっています。

現代アートと言っても
鑑賞者にその概念がなければ、
それはわからないということになるのは当然なのです。

もちろん、ぼくもある分野に関して
その知識や経験、そして、その概念がなければ
それは分からないということになってしまいます。

ですので、「現代アート?うーんよくわからん!」というのは
その情報をゲットして、鑑賞する経験が無いだけということになります。

その経験が日常にあれば、
「あの作品いいよね~とか面白いね~」
また当然のように「つまんないね」という評価を
自分で下せるようになっていくものですし
気に入った作品を買うという行動にもなると思います。

最初の話に戻りますが、であるからこそ、
自分は何者なのかとはっきり言いきる必要があるのです。

ぼくの場合だと、以下の3つを伝える必要があります。

1.現代アートというジャンルの彫刻家である。

2.何よりも作品(ぼくが見えている世界)を体験してもらう。

3.これまでに日本や現代アートの本場であるベルリンで
 作品制作をして発表してきたという実績。

これらを発信し続けることによって
現代アートという分野の彫刻家になっていくのだと考えています。

もちろん、実績を積もうと思えば、一朝一夕にはいきません。

長い年月の中で自分のスタイルを発見していく必要がありますし
人との出会いや経済的なこと、周囲の環境などの作家運も必要になります。

それと、世間のノイズをはねのけるだけの
超タフな精神が必要になってくるのはいうまでもありません。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 現代アート, 思考する,