初体験。ギャラリーで個展をするってどういうこと?大阪天満橋にて

      2016/11/30

彫刻家の大黒貴之です。

ぼくが初めて個展を開催したのは、23歳の時でした。

まだ学生で、かき集めた木の枝と
荒縄を使った彫刻シリーズを制作していた頃です。

当時は、現代アートのことなんてほとんど分かっていない時で、
大学の先生たちに尋ねても、明確な回答は得られなかったと記憶しています。

ただ、自分が育った近江の姿、
それは田んぼや琵琶湖、山、川、広い空。

静寂なイメージがあって
とにかく自然素材だけを使うんだ!という意気込みだけはありました。

1999年に同じ大学の芸術計画学科の学生たちが企画した
「Interlink~介在する行為~」というグループ展に参加しないかと誘われて
大阪ビジネスパークの中にあるクリスタルタワー のエントランスで
展示をさせてもらいました。

その時に、ギャラリーの人に声をかけてもらい
最初の個展につながるという流れでした。

初個展、目の前に広がる光景

初個展02
初めてギャラリーで個展をしたのは2000年3月。
もう16年前のことになります。

確か、2週間の展示で3万円ほどを支払い、
大阪天満橋のギャラリーで開催したのを覚えています。

ビルの9階にある小さな一室でした。

ギャラリーというところで展覧会をすると
多くのお客さんが作品を観に来てくれるのだろうと当時のぼくは思っていました。

けれども実際は1時間に1人来るかどうかというものでした。

期間中ほぼ毎日、約8時間、部屋の隅に置いてある椅子に座って、
目の前の作品をジッと見つめたり。

会場に隣接されているベランダに出て天満橋の風景を眺め、
手に汗を握りながら、ひたすら人が来るのを待ち続ける毎日。

誰かが、階段を上って来る足音が聞こえると
鼓動がドキドキと早まるのがわかります。

作品を評価、批判されること

初個展01初個展の作品 「礎 No.2」

何人かの人たちは作品についての意見を述べてくれました。

しかし、心地よい意見はほとんど憶えていません。

ある作家の人からは「どういう方向にいくのかよくわからない」
ある大学の先生は「今回の作品は失敗だね」と言い
ぼくの作品ファイルをシャッシャッとめくった後
鼻でフンッと笑いながら帰って行きました。

早く忘れてしまえばいいのですが、
困ったことに、そういうことは何故かよく記憶に残るものです。

公の場に作品を出すことは、当然良い批評、悪い批評を受けるということです。

その意見や批評の中から、何が自分にとって重要なことかを
真摯に受け止め、必要なもの、必要でないものを、
冷静に分けていかないといけないなと。

そういえば、親父と妹弟が滋賀県からはるばる電車に乗ってやってきてくれました。
作品を見た後、吉本新喜劇を見て帰るんだと言って。

苛立ち、嬉しさ、むず痒さ、そんな感覚が入り乱れた23歳の初個展。

流れた時間と目の前に広がる展示空間。

ぼくが彫刻家としてスタートを切った展覧会でした。

関連記事:「ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて」
関連記事:「現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー」

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - , 展覧会