最初の一歩を踏み出せば、目標に50%近づいたようなもの

      2016/12/07

彫刻家の大黒貴之です。

「そうだ、部屋の掃除をしよう。
でも、な~んか、やる気が出ないだよね」

「あ~、ダメだダメだ!今日中にしないとダメだぞ、えいっ、やぁあ!」

っと気合を入れていざ掃除をやり始めると
最後までやってしまわないと気が済まなくなり、
気づけば部屋の中がスッキリなんてことありませんか?

とても身近な一例を挙げましたが、人生の中での挑戦も
これとよく似たことだと思うんですよね。

つまりは「最初の一歩」を踏み出せるかどうかということ。

歳を重ねるほど「最初の一歩」が出にくくなる

馬に添うてみよ。乗ってみよPhoto via Visual hunt

人は先が見えないときほど、不安になったり恐怖を感じます。
それは歳をとればとるほど、その傾向が強まるのではないでしょうか。

子どものころの突進力や若い時のバカさは未来の恐れなどほとんど感じさせません。

「人生の中での大きな挑戦や決断は、若い時であればあるほど良い」
と学生の頃に聞いた記憶があります。

歳を重ねることともに経験や知識が邪魔をして
「最初の一歩」が踏み出せないことが多いにあるからです。

きっと、それらは人の「想像力」がそうさせるものです。

「命の危険を察知する」という恐怖や不安は別のものとして
何か新しいことや今まで経験したことのないことを実行しようとするとき、
往々にして、いろんな計算や想像力が働き、実際に行動できないということがあります。

しかし、いざやってみると意外とうまくいったり、良い評価を得たり
もしくは、協力者が現れたりして、その壁を突破していくことができていくものです。

もし、その時は結果がでなくても回りまわってどこかの地点につながるということもあります。

参考記事:「心配事のほとんどは妄想。ただ、やるかやらないか。」

馬には添うてみよ、馬には乗ってみよ

なにか新しいことをするときは、なにしろ初めての行いですから
最初は試行錯誤しないといけないことばかりですが、
それを乗り越えると全く新しい抜け道を発見できます。

作品をつくっていくことも同じようなことだとぼくは思います。

否、これは何かものつくりをしている人たちだけではなくて
どのジャンルの人たちにも言えるのではないでしょうか。

生き生きとした人生を送っている人は、人生のどこかで
「えい、やぁあ!!」
と最初の一歩を踏み出した人です。

そして、「論理と実践」を繰りかえす良いスパイラルにはまっている人は、
魅力を感じる人が多いのもまた確かなことです。

誰かが言っていたのを思い出しましたが、
「目の前にいる馬が良馬かどうかなんて見ているだけは考えているだけではわからない。
だから、馬に添うてみよ。馬に乗ってみよ」と。

「あ~、どうしようか、こうしようとか」と考えている間に時間はドンドン過ぎ去っていきます。
人生の中で一番若い時は「今」なのです。

参考記事:「人生で最も若い時はいつか? 」

 「最初の一歩」を踏み出せば、50%は目標に近づいたようなものなのです。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

2012年6月29日の記事「一歩を踏み込むスパイラル」を加筆添削しました。

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 人生, 思考する