【線の境界】フォールド・ドローイングとベルリンのアートフェア

   

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

Fold-drawing(red-c),2017, 53.7×38cm, 紙にアクリル絵具と鉛筆, photo:Takayuki Daikoku

今週4月26日から29日に渡ってベルリンで
開催されるアートフェアPaper Positions Berlinに
フォールド・ドローイング・シリーズを出品します。

ベルリン中心部にある
ドイツテレコムのオフィスで開催される
紙媒体の作品に特化したアートフェアです。

ベルリンのSemjon Contemporaryとのコーポレートで
イスラエル出身の作家Gil Shachar氏と
二人展形式の展示になります。

このフォールド・ドローイング・シリーズは
2017年から制作を始めました。

Fold(折って)drawing(線を引く)
という意味が含まれています。

線というのは通常、
鉛筆やペン、筆などで描きますが、
このドローイングに描かれている線の1つは
折ることによって描かれています。

また、折って描かれた線の周辺は、
鉛筆や筆で描かれています。

ただ、そのどちらも「線」であることには違いありません。

線の境界はどこにあるのでしょうか。

・・・・・

Paper Positions Berlin
アーティスト:Takayuki Daikoku(日本)・Gil Shachar(イスラエル)
会期:2018年4月26日~29日
場所:ドイツテレコム首都オフィス / deutsche telekom hauptstadtrepräsentanz
jägerstrasse 42-44 / corner oberwallstrasse 10117 berlin
ギャラリー:Semjon Contemporary

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

kindle本


①場所を取らない②旅行にも手軽に持っていける③デバイス内の検索がしやすい
僕の読書はkindle本を用いることが多々です。

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - ドローイング, 展覧会, お知らせ