【車が凍る】ドイツの冬は寒くて暗いぞ!ぼくが体験した冬のドイツ、8選

   

彫刻家の大黒貴之です。

寒い日が続きます。

自宅周辺は、今朝から雪が舞い始め
すっかり白い景色に変わっています。

雪が積もると必ずと言っていいほど
田んぼに車が落っこちています。
くれぐれも安全運転を心がけましょうね。
関連記事:寒波の影響で外は雪化粧だ!でも車が田んぼの畔に落っこちるぞ

ところで、ドイツに住んでいたとき
冬を7回経験したのですが、本当に寒いです。


痛い寒さというのはあのことを言うのでしょう。

よく覚えているある日は
最低気温マイナス15度、最高気温マイナス8度という気温が
続いた時がありました。

また、2013年3月にはマイナス16.4度という日もありました。

外に降り積もった雪は全く溶ける気配がなく
ずっと冷蔵庫の中にいるのと同じです。

2011年の第二次渡独で現地に住み始めたころ
ある日本人の方から譲り受けた車に乗っていました。

長年大切に乗っておられた車でした。

ぼくが乗った走行距離も含めると300000キロ以上は走っていました。

渡独した2か月後にその車で
ラーテノウからスイスのバーゼルまで片道10時間
総走行距離2500kmの旅は今でもよく記憶に残っています。

ドイツの冬の寒い日、仕事場にその車で行こうとドアを
開けようとすると開きません。

凍っているのです。

前も後ろの乗車ドアも開きません。

最後に残った後ろのトランクドアはかろうじて開いたので
そこからまるで忍び込むように運転席までたどり着いて
エンジンをかけた日も何度かありました。


そしてフロントガラスを見ると水の結晶ができています。

外側に付いているのかなと思いきや、それは車内にできた結晶だったのですよ。

古い車だったので、外の空気が車内に入って来ているのでしょう。

氷が溶けるまで車を暖めてからいざ出発です。

振り返ると印象深い経験でした。

それに冬の日照時間の短さといったら半端ありません。


曇天が1週間とか続くと気が滅入ってきます。

冬になるとドイツでは鬱になる人が増えるとよく聞きますが、
あの寒さと暗さが続くとそうなるのも頷けます。

ぼくは寒さが苦手なので、暗くて寒い冬が早く過ぎ去ることを
願うしかありませんでした。

仕事場に行くときは、上着は5枚、ズボンは3枚着込んでいきます。

室内の暖房器具はガスストーブが1つあるだけでした。

部屋でドローイングや彫刻を制作し、机の前にある窓からかすかに
入って来る太陽の光と熱を拝んでいました。


寒さについて、ぼくが疑問に感じていたことがありました。

「なぜ人は寒い土地に住み続けるのだろう」と。

ドイツは寒いといっても、もっと寒い地域もあるわけです。

生物学的に寒い場所よりも暖かい場所のほうが生活はしやすいにも
かかわらず寒い場所で住み続ける人が多くいるわけですよね。

そのことをずっと疑問に思っていました。

もちろん、その土地から離れられないということもあるのでしょうけど、
それは今、国境があって国という単位で区切られるからです。

でも、もっと以前からその土地に住んでいたエスキモーやモンゴルの遊牧民の人たちは
ずっとそこに住み続けているわけです。
だから、もっと違う理由があるのだろうとも思っていました。

以前、鎌仲ひとみ監督の「小さき声のカノン」という
ドキュメンタリー映画をみました。

その中でベラルーシの少年少女たちが保養をするために
北海道の施設内で生活しているシーンが映りました。

彼らにインタビューをしています。

「今、保養に来ていてどういうことを思いますか?」と。

その会話で、ある少年が
「故郷の寒さが懐かしい」と言ったのがとても印象に残っていました。

ベラルーシという国は白ロシアともいわれる国で
チェルノブイリ原発事故で甚大な被害を受けた国です。

地理的にはポーランドの東側に位置し、
ドイツと同じようにとても寒い気温です。

そこで生まれ育った子どもたちは、その寒さにまた触れたいというのです。

そういえば、ぼくのドイツ人の友人も、
「今年は暖冬だから、もっと冷え込まないとなんだか調子が狂うよね」
とか「ドイツ人にはあの冬の寒さが必要なのよ」というのです。


ぼくは、その言葉を聞いた時に
それまでの謎が解けたように感じました。

寒さを懐かしむ郷土愛があるから人はそこに住み続けてきた。

ぼくが知らないだけで、その寒さの中にも美しいと感じることや
その場所でしか見れない風景があるのだなぁと。

そういえば、ドイツの冬の大イベントである
1か月におよぶクリスマスシーズン。

クリスマスマーケットの明かりと賑わいや
そこで飲む、ホットワインやアイスバインという豚肉料理。

ソリや雪遊び、凍てつくような夜にザックザックと歩く雪の音と肌の感覚。

白い水平線に夕日沈むなんともいえない赤と青。

それらの光景に懐かしさを覚えますね。


確かに、暖かい土地ではそのようなことは味わえないですから。

そう考えると、その土地の気候が人間に与える影響はとても大きいもので
それが文化をも形成しているということがわかりますね。

日本は大寒の日があとしばらく続きます。

「寒い寒い」という冬の口癖も、春になると「暖かくて気持ちいいねぇ」になり
夏の猛暑には「暑い暑い」に変わり、冬の寒さをまた懐かしむのでしょう。

雪が舞う日本の景色を眺めながら、ドイツの冬を想うこの時間です。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 思考する, ドイツの日常, 日常