【チャンスの神様】チャンスは急にやってくるぞ!普段の素振りを怠るなかれ!

   

彫刻家の大黒貴之です。

タッタッタッタッタッタッ!

チャンスの神様は、ある時突然走ってくるそうです。

その神様の髪の毛に触るとそのチャンスをゲットできるのですが、
肝心の髪の毛はおでこの上あたりに3本しか生えていないそうです。

そこ以外の頭部には髪が生えていないので、
少しでもすれ違った後に、触ろうとしてももう触れません。

デッサン教室-しが美-01

春、ベルリンと東京でグループ展に参加しますよ

ベルリンのギャラリー、セミヨン・コンテンポラリーから
3月にドローイング展を企画しているので、
ぼくのドローイングも出品してほしいとの依頼がありました。

ただ、今回のドローイング展には、テーマを設けているので、
作家の色を出しながらもそのテーマに即した作品を
展示したいとのことでした。

早速、ドローイングを描いて今日そのデータを送りました。

「とてもいいね!」との返事。

是非、数点、送ってほしいと。

先週、東京で行われるグループ展のミーティングに参加しました。
その東京行きも急に決まったことでした。

チャンスというのは、このようにしてやってくるのだと
長年の経験でわかってきます。

ですので、普段からの素振りがこういうときにものをいうわけです。

そのチャンスをさっとゲットできるように
いつでも起動できることやいつでも作品を出せる状態を保っておくことが必要です。

その積み重ねが実績になっていくのでしょう。

3月にはベルリンのギャラリーでドローイング展、
4月には東京でグループ展という2つの企画展に
参加できるようになりました。

2011年4月、第二次渡独を断行するのですが、
この時も、1年、時期がずれていれば、
ベルリンのギャラリーの所属作家にもなれなかったでしょうし、
ヴァーゲニッツの野外彫刻展も実現できなかったでしょう。

では、そのような状態を増やすためには
どのようにすればいいのかというと、
先ず、やめることを決めることです。

人はあれもしたいこれもしたいとなりがちですが、
それではいくら時間があっても全てのことはできません。

ですので、その中でやめることを決めるのです。

それは、遊ぶ時間、副業の時間数、飲みに行く時間、タバコを吸う時間・・・

そうすれば、自分が一番、集中すべきことに
時間、お金、エネルギーに投入できます。

ただ、そのチャンスは数か月に
一回かもしれませんし、数年に一回かもしれません。

その一回をゲットするために普段の素振りがあるのです。

逆に言うと、普段、誰も見ていないところで
素振りをどれだけできているかによって
そのチャンスをものにできるのか
そうでないのかが決まるのではないでしょうか。

素振りというのは、ぼくの場合でいうと
ドローイングや実験的な制作、文章、
何より自分が持っているビジョンを明確にイメージし続けることです。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 人生, 思考する