素晴らしい作品や思想などの物事はどのように後世に残っていくのか

   

彫刻家の大黒貴之です。

「本物とは」を考えるシリーズです。

ぼくは「何十年、何百年と長い時間の圧力に耐えて
残っていくものが本物である」と考えています。
そのことについては、こちらの記事でも書きましたが、
では、どのような作品がどのようにして後世に残っていくのでしょうか。

そのことを今回は考えてみます。

先ず最初にアートマーケットで売買される作品は
ビジネスであり一過性のものであるから後世には残っていかないのか?
という問いにについてのぼくの考えです。

マーケット上でまるで株券のように
アート作品を売買す様子や100万円単位で値段が吊り上がっていく
オークションの様子には確かに違和感がありますが、
ぼくがいっているマーケットとは、何千万円、何億円もする作品が
売買されてる市場のことだけではありません。

アートマーケットというと超お金持ちだけの世界のイメージがあるかもしれませんが、
それは資本主義システムのピラミッド上のごく一部です。

例えば、Aさんがある作品を数万円で買ったとしましょう。
これも立派なマーケットです。

それでも残っていくものは後世に残っていきますし、残らないものは残りません。

こちらの記事をザックリと読んでいただけますと幸いです。
参考記事:「アート作品とマーケット。いつまでも傍で飾っておきたいと思われる作品を」

常識への疑いと反発が歴史をつくる

歴史Photo via VisualHunt

アートに限らず歴史というのは、前時代の先人たちが築き上げた
イムズや考えに対しての反発の繰り返しです。

その反発とはそれまでの常識を覆そうとしていることです。
そして、その時代には合わなくても時間が経つとそれが当たり前になる。

つまり中心と周縁の考え方です。
歴史というのは、周縁から中心への反発によって築かれてきているのです。

問題は、反発に成功して周縁から中心になった時ですね。
変化や進化をせず中心のままにいるとマーケットや
人の煩悩のブラックホールに飲み込まれていくのです。

難しいのは中心に入った後でもどのように自ら反発し続けるのかです。
超一流と言われる人たちは常に自身に問いかけ進化していける人たちだと考えます。

ですので、ぼくは周縁から中心にアタックして
歴史に残っていくのような作品もまた本物ではないかと考えています。

日本でもドイツでもそうですが、
資本主義という名の貨幣経済の中で生活しているわけです。
マーケットというのは貨幣が前提にあって成立しています。
限りなく自給自足で生活もできると思いますが、
どこかで必ずお金が必要になります。
(一部のジャングルやアフリカの先住民族のように貨幣概念がない人たちは別ですが)

貨幣が無いとどうしても生活ができません。
ぼくが生まれながらにそういうルールの中で生きているのですから仕方ありません。

でも、この貨幣経済が今後何百年も続くとはぼくは思えないのです。
ひょっとしたら、20世紀の終わりに資本主義に負けてしまったマルクス思想が
やっぱり正しかったと言われるかもしれませんし、
貨幣自体が無くって、生活するには全く困らない時代になっているかもしれません。
そうなったとき、初めて全ての人々は自分の人生や生き方、
或いは人生の目的を真剣に考え始めるんだと思うんですよね。

今、2016年の時点でマーケットで売れる作品が
後世にも残っていく作品かどうかはそのように貨幣経済が無くなったときに
わかるのではないかというのも一つの答えです。

わびの真意は「貧」時代を超越するもの

侘びPhoto credit: nimame via Visual Hunt / CC BY

鈴木大拙という禅学者が時代を超えた超越的なものとして
「わび」という言葉で表現しています。

そして、わびの真意は「貧困」だと。

「時流の社会のうちに、またそれと一緒に、おらぬ」
つまり「富、力、名に頼っていないこと」
また「その人の中心には、なにか時代や社会的地位を超えた
最高の価値をもつものの存在を感じること」と説いています。

この考えは、禅の思想が無意識的に浸透している
日本文化独自のものかもしれませんが、
それもまたぼくは理解できるのです。

超越的な何かが備わっているものは
言葉を超えたところにあります。

つまり言葉の外にある何かの琴線に触れるもの。

後世に残るもの まとめ

1つ目は、周縁から中心への反発。
それまでの常識にコペルニクス的回転を起こしたもの。

2つ目は、マーケット上にあるなしにかかわらず、
そして有名無名にかかわらず、人が持つ言葉の外にある何か超越的な領域の琴線に触れるもの。

その2つにリンクするであろう作品が時代を超えて
後世の人たちに引き継がれていくかどうかは、
何十年、何百年単位の長い時間が経たないとわからない。

そしてその長時間、次世代にバトンは渡していくのは、
その物事、或いは思想を生み出した以外の第三者である。

有名無名に関係なく、そのように時代を超越するものが本物に昇華していく

いろいろな考えがありますが、現時点でのぼくの答えの一つになります。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

参考文献

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 現代アート, 思考する