【井上家の大改修】訪問するたびに表情が変わる倉敷、美観地区

   

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。


11月のある週末、岡山県の倉敷へ行きました。

2013年冬、以来の再訪となりました。

大原美術館を主軸にその周辺の街並みを散策。
紅葉が見頃でした。

若い方が結婚式を挙げておられて、
その光景も風情がありました。

美観地区では、築300年になる井上家の大改修工事が行われていて、
工事中の様子を見学をすることができたことは大変勉強になりました。

天保年間(1830~44)頃の姿に復原するといいます。

平成24年12月から工事が始まり、
平成34年6月に完了するそうです。

家屋を約200前に戻せる技術や
10年におよぶ改修を地道に行う職人さん、
調査をする方たち、
そして、当主の方には本当に敬服します。

復原した姿を是非観たいと思います。

次回、訪れるときもこの地区は
また違う表情をみせてくれるのでしょう。

このタイミングで来れてよかったと感じています。

ちなみに、えびす商店街にあるとんかつ店
「かっぱ」の名代とんかつと
大原美術館横に佇む喫茶店「エル・グレコ」の
コーヒーとブルーベリーチーズケーキ。

ぼくには絶品です。

両店ともにお店の切り盛りは
女性の方々が全て行っている光景もまた印象的でした。

写真は、改修工事中の井上家の土壁を切り取ったもの。
300年の間に何層にも塗り重ねられているのがわかります。

現在は層の周辺に見える色味ですが、
天保年間の土壁の色は階段状になっている
層の左側の赤茶色だったそうです。

ですので、改修後は赤茶色の土壁が屋内に広がるとのことです。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

kindle本


①場所を取らない②旅行にも手軽に持っていける③デバイス内の検索がしやすい
僕の読書はkindle本を用いることが多々です。

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 日常