【ミニマルアート】もう削ぎ落せない!ジャッドが辿り着いた境地とは

      2017/01/04

彫刻家の大黒貴之です。

現代アートって、わからないという言葉をよく聞きますが、
歴史や作品背景を知れば、このアートジャンルも面白いんですよ。

ということで、今回はミニマルアートについての話をします。

作品の素材や作家の手跡などを徹底的に排除して
鑑賞者の目前にある作品を「モノ」として提示し、
作品自体の純粋性を問いかけたアート概念です。

1960年代前半から70年代初頭にかけて
アメリカ
に台頭してきました。

その例として、ミニマルアートの旗手ともいえる
ドナルド・ジャッドを紹介したいと思います。

ドナルド・ジャッドのスペシィフィック・オブジェクト

ドナルド・ジャッドPhoto credit: Georges Perret via Visualhunt.com / CC BY-ND

ジャッドが1965年に発表した
スペシィフィック・オブジェクト」という概念は
彼の思想が凝縮されたものだと言えます。

スペシィフィック・オブジェクトという舌を噛みそうな言葉を初めて
聞かれる方も多いのではないかと思います。

この言葉は、作品の形や色を最小限にまで切り詰めた後に残った
「絵画でも彫刻でもないある一つの物体」という概念です。

鑑賞者の目の前にあるその物体が「今、ただここにある」
ということが美しい
とするものなのです。

またジャッドの作品は、
作家の痕跡すらも残さないという考えの下
大量生産された規格品の工業素材を使用し、
作品の多くは外注によって制作されています。

「彫刻の構成とか絵画の色彩とかいうけれど、
俺のスペシィフィック・オブジェクトは、
その全てを削ぎ取って最
後に残ったギリギリの状態にあるんだ。
それ以上での以下でもないんだ。
今、あなたの目の前にあるこのモノをただ見てくれ!」

そのような本当に純粋な塊となったモノが
ドナルド・ジャッドの作品なのです。

もう少し突っ込んだ話。実はミニマルアートは「演劇的」?

ドナルド・ジャッド02Photo credit: sashafatcat via Visualhunt / CC BY

抽象表現主義の最終形といわれるミニマルアートですが、
マイケル・フリードという評論家が
「演劇的」という言葉を用いて批判します。

「えっ、ミニマルアートって、
形や色を極限まで削ぎ取って最後に残ったモノだと

言っているけど、鑑賞者が作品の周囲を動いたら
素材の表面に映る光や影とか見る角度によって
刻々と光景が変化するんじゃないの?」

また「瞬間的な無時間性(いつ見ても同じ体験を得ることができる)」
という言葉を用いて
「むしろ、いつ見ても同じ構図や色に映る
古典絵画やマネやセザンヌの作品のほうが

いつも ”いま・ここ” にあるんじゃないの?」
とも批評しています。

そして、この「演劇的」と
「瞬間的な無時間性」に対する問題意識は、
のちにリチャード・セラなどの彫刻家たちに
継承されていくことになるのです。

同時にそれまでの「絵画ための絵画」と言われる作品や
「芸術(アート)とはこのようなものである!」と声高に叫ぶ
○○主義や○○イムズと言われる大きな動きは終わりを告げ、
「これもアートなんじゃないの?」という
小さな個人の物語的な表現が起こり始める時代へ
突入していくことになるのです。

ミニマルアートのまとめ

1.60年代前半から70年代にかけて登場した。
2.スペシィフィック・オブジェクトの概念をドナルド・ジャッドが提唱。
3.それは「絵画や彫刻として成立する要素を極限までそぎ落とした
  彫刻でも絵画でもないただここにある一つのモノ」である。
4.同時に「演劇的」であると批判をされる。
5.ミニマルアートの問題はリチャード・セラなどの彫刻家へと引き継がれていく。

参考文献


Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 現代アート, アートのお話