女性の感性は素敵だね。日本文化の根底に流れる「もののあわれ」

      2017/01/09

彫刻家の大黒貴之です。

三が日が終わり、また日常が動き始めています。

年末年始は、ご家族や友人、恋人など
大切な人と静かな時間を過ごされた方も
多いのではないでしょうか

このような静かな時間はドイツにもあって
それがクリスマスになります。

12月25日が、4週間続いてきた
クリスマスシーズン最後の大切な時間になります。

その前後の日は日本の正月のように静かな時間を
家族や友人たちと過ごします。

ドイツのクリスマスが
ちょうど日本の正月のようなものですね。

ですので、ドイツでは三が日という概念はなく
1月2日からもう動き始めます。

ところで初詣には行きましたか?

ぼくは元旦早朝、地元神社に参拝をし
清々しい空気を吸い込んできました。

日本は「神仏習合」の文化だと言われますよね。

夏は墓参りに行きますし、正月には初詣。
それに12月にはクリスマスもある(笑)

今回はこの「神仏習合文化」を持つ
日本の中から醸成された
「もののあわれ」について考えてみましょう。

Photo credit: sukitamba via VisualHunt.com / CC BY

漢字からひらがなへ。「ひらがな」を生み出したのは女性だった

日本は、宗教や文字、画、料理に至るまで
中国やヨーロッパなどからやってきた文化を取り入れてきました。

そしてそれらを日本の中で再編集し熟成するという
アクロバティック的な試みを1300年以上も行ってきました。

日本は世界的には珍しい文字文化を持っています。

漢字・ひらがな・カタカナという3種類の記号を
巧みに使い分けているのです。

ご存知のように欧米ではアルファベットの1種類の記号しかありません。

ドイツ滞在時によくドイツ人から
「なんで日本語は3種類も文字があるんだ?」と訊かれました。

日本にはもともと「ひらがな」や「カタカナ」という記号はありませんでした。

漢字という記号が中国からやってきたのです。

日本神話が初めて書かれた日本最古の書物が2冊あります。

1冊は中国から伝来した漢字を用いて書かれた書物「日本書紀」

そしてもう1冊は「万葉仮名」という
漢字の当て字を使って書かれた書物「古事記」です。

万葉仮名というのは、例えば「夜露死苦」のようなものだとイメージしてください。

で、この万葉仮名を今のような「ひらがな」に変化したのが
8世紀末から12世紀(794-1185)にかけて花開いた平安時代でした。

この時代に、仏教によって伝来した中国の漢字が
日本的再編集が施されて昇華したのが「ひらがな」なのです。

そして現在では、ひらがな、カタカナ、漢字、それに英語までが
一緒になって文章が構成されています。

まさに神仏習合ですよね(笑)

で、このひらがなですが、これを発明したのは
平安時代、宮廷にいた
女性たちだったと言われています。

当時の男性たちは漢字しかも漢文を使っていたわけです。
まさに「漢」と書いて「おとこ!」みたいな(笑)

それしても、ひらがなって丸みのあって優しい感じがしますよね。

そのひらがなの発明によって誕生した概念が
「もののあわれ」にもつながっていくのです。

その集大成が「源氏物語」

世の中が移ろいゆく無常観や儚くて、せつなくて、弱いものを愛おしむ心・・・

あぁ、男女の恋って、本当に無常なもの・・・

孤独な人や切ない人と指して、よく「あわれ」だねぇと言いますよね。

それに「もの」という霊、
つまり魂のようなものがくっついて「もののあわれ」
「魂が儚い様」となります。

「もののあわれ」はその儚さや切なさに眼差しを向けた美意識なのです。

「もののあわれ」の神髄「満開の花」より「散っていく様」が美しい

日本人は春になると花見をする人たちが大勢います。

桜は1年のうちにたった2週間ほどしか開花しませんよね。

1年のたった2週間に命一杯咲き誇り、そして散っていく。

日本人が見ている美しさはもちろん
桜が満開に咲いている光景もありますが、
美意識をくすぐられるのは、
「桜が散っている様」なのですね。

この「もののあわれ」という概念はとても重要で
日本文化の根底に流れているようにぼくは思うんですよね。

ヨーロッパにも、枯れた花を描いている絵画がありますが、
それはまた少し意味合いが違っていて、
この場合は、生に対する死への想いを描いているのです。
いわゆる「メメントモリ(死を想え)」的なプロセスで描かれたものです。

すべてが止まることなく永遠に移り変わっていく。

そのプロセスに現れる儚さや切なさが美しい。

仏教の根底に流れる「無常」に通じるところがありますし、
それが日本の中で見事にアレンジされて生み出された美意識が
「もののあわれ」という概念なのです。

そしてこの概念は、後に登場する
「侘び・寂び」にもつながっていくのです。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 日本文化のお話, 思考する