ネオ・ダダ アートをぶっ壊せ! ジャスパー・ジョーンズとラウシェンバーグの反発

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

現代アートって、わからないという言葉をよく聞きますが
歴史や作品背景を知れば、このアートジャンルも面白いんですよ。

ということで今回はネオ・ダダのお話をしますね。

ネオ・ダダは1950年代末にアメリカで起こったアートの動向です。

抽象表現主義の後の潮流に乗った動向で、
第一次世界大戦時にヨーロッパで隆起したアート運動「ダダ」に
類似していることから、「ネオ・ダダ」という概念を
当てはめられたと言われています。

今回は、ネオ・ダダの有名な作家として
ロバート・ラウシェンバーグとジャスパー・ジョーンズを挙げてみましょう。

旗・数字・剥製・タイヤなど初めて絵画に日常的なテーマや物質を取り込んだ

ジャスパー・ジョーンズの旗Photo credit: pestoverde via Visual hunt / CC BY

ネオ・ダダの表現の特徴としては、身近にある日常的なものをモチーフにしているところです。
そして日常品や工業製品を作品の中に取り込んでいます。

例えば、複数の既製品や新聞、雑誌の切り抜きなどのイメージを
流用した表現技法である「アッサンブラージュ」や「コラージュ」が
多用されています。同時にネオ・ダダは、抽象表現主義の次の潮流に位置しており、
彼らの作品には抽象表現の特色が強く残っています。

ラウシェンバーグは、そのコラージュ技法を発展させました。
そして日常的な既製品を絵画の中に流用し
「コンバイン・ペインティング(結合する絵画)」と名づけました。

ロバート・ラウシェンバーグPhoto credit: librarianfinsen via VisualHunt / CC BY-SA

1955年に発表された「モノグラム」という作品を見ると
本来は壁に掛けるはずのキャンパスを地面に直置きして
その中心に雄羊の剥製とタイヤが設置されています。
こちらのサイトに「モノグラム」の写真が掲載されています。

アメリカ的な即物主義(物質的に形のないものには価値がないという考え)と
抽象表現主義を彷彿とさせる絵画空間が同居しているのがわかります。

ジャスパー・ジョーンズは、旗や数字など日常的なモチーフを
作品の中に取り入れました。

ジャスパージョーンズ 的Photo credit: cliff1066™ via Visual Hunt / CC BY

彼は日常の中にある「アメリカ国旗」や「的」「数字」などをモチーフにしています。

また、蜜蝋を使用した技法によって、抽象表現にみられるような筆跡を残しながらも
旗や的などの平面的な記号を用いています。

記号の平面的要素を取り込むことによって
筆跡のタッチから表れる絵画の空間性や奥行を否定しています。

それらの作品から伺え知ることができるのは、
日常品の既製品や廃材でさえも、キャンパスに描かれた絵画と
同じ一つの物質に過ぎないということを示唆しているのです。

抽象表現に対する反発。ダダイズム

「抽象表現とかなんとか崇高なこと言っているけどさぁ、
そんな高飛車に構えた「絵画のための絵画」も人が生活の中で使っている
日常品や既製品も、一つのモノなんじゃないの?
だから俺たちが目の前にある旗や数字を描いたり
剥製とかタイヤとか日用品を絵画に中に取り込むことは
それまでの概念にあった絵画となんら変わりないんだよ。」

つまり抽象表現主義が主張していた究極の絵画とは?
というアート論に対して、そんなものは日常と同じモノなんだよ!
というアンチ・アートを提唱したのです。

このネオ・ダダの2人の作家が日用品や既製品を絵画の中に取り入れたことは
次世代のポップ・アートコンセプチュアル・アートへの道を切り開く起点にもなりました。

ネオ・ダダのまとめ

1.ネオ・ダダとは、ヨーロッパで起こったダダの特徴に類似している。
2.絵画の中に旗や数字のような日常的なモチーフや既製品や廃材などの日常品を取り込んだ。
3.抽象表現主義の特色を帯びている。
4.同時に抽象表現主義へのアンチ(反発)でもある。
5.抽象表現主義→ネオ・ダダ→ポップアートコンセプチュアル・アートという潮流ができていく。

参考文献

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 現代アート, アートのお話