グループ展【ランコントル(出会い)ヴィスマール:ベルリン】

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

2017年11月17日~12月12日まで、
ドイツのハンザ都市、ヴィスマールで
グループ展に参加いたします。

セミヨン・コンテンポラリーのオーナー、
H.N.セミヨンによるキュレーションで、
同市のギャラリー・クリスティーネ・ハーマンとの共同展です。

ぼくの作品は、今年から手掛けている
「フォールド・ドローイング・シリーズ」が出品されます。

ヴィスマールには、一度訪れたことがあります。
第二次世界大戦時は、戦火を免れ、
今にもハンザ都市の面影が残る
大変美しい街並みを観ることができます。
また街自体がUNESCO世界遺産に登録されている歴史地区でもあります。

遠く離れたドイツのその街で
ぼくの作品を紹介してくださること。

光栄、嬉しさ、感謝の感が交差しています。

Rencentre -Wismar : Berlin-
gallery Kristine Hamann : Semjon Contemporary
2017年11月17日~12月12日

GALERIE KRISTINE HAMANN(ギャラリー・クリスティーネ・ハーマン)
Christian Henkel, Sebastian Menzke, Sophie Plet,
Thomas Riess, Jakob Roepke, Kirk Sora

SEMJON CONTEMPORARY(セミヨン・コンテンポラリー)
Colin Ardley, Takayuki Daikoku, Ute Essig, Renate Hampke,
Susanne Knaack, Harald Kohlmetz, Dittmar Krüger, Henrik U. Müller, Thomas Prochnow


GALERIE KRISTINE HAMANN(ギャラリー・クリスティーネ・ハーマン)
http://www.kristine-hamann.de/ausstellungsarchiv/rencentre-wismar-berlin

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 展覧会, お知らせ