自画像とカーヴ・ペインティングのこと

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

下の写真は、2011年ドイツに渡ってから半年ほど
したときに制作したセルフポートレート。

当時はまだ仕事場もなく
自宅の片隅を制作場所にしていました。

絵具で描いているだけのように見えると思いますが、
実は絵具を彫っています。

だから、彫刻と言えるのかもしれません。

この作品を制作したあたりから、
「彫って描く」カーヴ・ペインティング・シリーズに入っていきます。

今日では、自分の顔は写真技術を用いれば、
比較的容易に記録して残すことができます。

しかし、彫刻家として、
「彫る」という技術を用いて自画像をつくることができないかと。

このセルフポートレートは今後も発表することはないと思います。

けれども、ぼくが死んだ後に
もしドイツと日本で制作した作品を集めて展覧会を開催してくれる人がいたら
この自画像もそっと展示してほしいなと妄想しています。

自画像
2011
キャンパスにアクリル絵具
Photo: Takayuki Daikoku

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
【彫刻家のアトリエ】彫刻家は自分の世界を見せることができる仕事場を持とう!

芸術家が仕事場(アトリエ)を持つことは非常に重要です。芸術家は制作することが仕事です。みっちり作品がつくれる空間を確保し、実物の作品をみてもらえること。ぼくがドイツで経験し痛感していることです。

2
あなたは何者?芸術家になるなら揺るぎない自分の肩書きを持とう!

日本にはニューヨーク市が発行しているプロの芸術家証明書というものがありません。つまり芸術家の定義がないようです。どのような人が芸術家になっていくのでしょうか。

3
【縁起の間】白梅・彫刻・石楠花

庭に咲く白梅を眺めながらの所感を記録。その物事が本当に良いかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのでしょう。白梅と彫刻と石楠花のこと。

4
目に見えるものと目に見えないもの。大切なものほど目に見えない

目に見えるものは分かりやすく、目に見えないものはわかりにくい。最近ぼくが聞いたとても感慨深い話です。

5
【しなやかに生きる】勝ちを急ぐときほど勝ちが遠のく-赤ちょうちんの大将のこと-

「勝ちを急ぐときほど、勝ちが遠のく」と最近聞く機会がありました。20代の頃、よく飲みにつれて行ってもらった京都三条の大衆居酒屋。その赤ちょうちんの大将の記憶と彼の言葉を思い出すことがしばしばあります。

 - , 彫刻