少子化問題は25年以上も前から言われている。もう一刻の猶予もない

      2016/11/15

彫刻家の大黒貴之です。

ブログの「保育園落ちた日本死ね!」の書き込みがきっかけで
待機児童の問題がまた国会で浮上してきています。

その暴言のような書き込み方について
賛否両論が出てきていますが
僕は、その人が書いた主旨については、
まったく正当なものだと思います。

むしろ、そのくらいじゃないと政府まで声が届かないようです。

 

経済力を発展、維持するための3つの柱

少子化問題-未来への投資を01
国の経済力を維持する、または発展させていくためには
人口、資本、イノベーションの
3つの原動力が必要だとされています。

日本は深刻な財政問題やイノベーションが起こりにくい
学校教育や社会環境があります。

それに、もう一つ、少子化問題です。

将来の人口予想というのは
99%の確率でその通りになります。

なぜなら、2016年に生まれた赤ちゃんが
100万人だとすると、その年に生まれた人の数は
20年後、それより多くなることはないからです。

 

移民を受け入れないのなら、自国民たちで国力を維持しないといけない

少子化問題-未来への投資を02
少子化というのは、先進国ではどの国も共通する問題で、
ドイツは移民の受け入れという形と子ども支援や
仕事をしながらでも子育てをしやすい環境にしようと力を入れています。

それでも、保育園の数が足りないとか保育士不足などで
ドイツに住むの親たちは子どもが生まれたら
すぐに保育園に入園登録をし始めます。

日本が移民を受け入れないという政策でいくのであれば
子どもを産み、働きながらでも安心して育てられる環境を整備していくことを
いち早く実施していかなければなりません。

そのためには、有休休暇を取りやすくすることや
女性が働きやすい環境にすること、
また男性の育児参加などに対する
社会全体の理解とそれらの推進が必要になります。

また、保育園施設を増加することや
特に保育士の数や給料を増やさなければなりません。
そのような大切な国の柱になる事なのに
予算がないとかなんとかで、非正規職員が多すぎます。

 

少子化問題についてはもう25年以上前から言われて出している

少子化問題-未来への投資を03
少子化問題については、1989年 に戦後最低の合計特殊出生率が
1.57となり、本格的な少子化が始まりました。
ですから、もう25年以上も前からすでに何度も言われていたことなのです。

保育園に子どもを入れるためには、仕事を見つけてないといけない。
就労するには、子どもの入園証明書が必要という
この矛盾一つからでも、一刻も早く解消する必要があります。

その国の未来を担うのは紛れもなく子供たちです。

10年後20年後の将来のために、
子育て環境や教育のことなど、子供たちへもっと投資をする必要があります。

 

自国へ投資するということ

(以下 2009年9月17日「自国へ投資するということ」より)

政権交代があり、
これからいろいろな出来事が変わっていくでしょう。

もちろん、良い結果になることもあれば
芳しくない結果になることもあるとおもいます。

子どもは国の宝なり

少子化問題-未来への投資を05
「子どもは国の宝なり」という言葉がありますが
子どもたちが将来大人になって
その国を支える基盤となっていくのはいうまでもないでしょう。

子どもや学生の教育、支援は
自分たちの国へ「投資」するということと同じなのだと思います。

北欧の教育では、そのような考えのもと
政府も教育機関も動いています。

僕がドイツにいたとき
スウェーデンから来ていた留学生に聞いたのですが
スウェーデンでは、20歳になるころ
政府からまとまった助成金がおりるそうです。
そのお金を使って、海外留学をしたり、
学校へ行って、技術を身につけたり、専門性を高めたりします。
そして、その経験を生かして、仕事を見つけたりするそうです。

ちなみに、ドイツ全体の大学の75%以上を占める
国立大学の年間の授業料は、数万円です。

人を育てるのには、10年、20年の時間がかかる

少子化問題-未来への投資を04
投資をするとは、すぐに結果を出すことではなく、
10年、20年の時間軸を持つ必要があると思います。

投資という言葉を聞くと、短期ですぐに結果をだして
お金が倍になるということを思いがちです。
それは、ギャンブルと同じ投機と言われているものです。

しかし、本当の投資というは、すぐに結果なんて出るものではありません。

10年、20年先にやっと結果が出てくるものだと思うのです。

人を育てるということも、すぐには結果は出ません。

長い時間のその先に果実が表れ始めるのです。

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 現代社会, 思考する