【侘び・寂び】日本の文化は引き算的?わびしさの中にこそ美がある

   

彫刻家の大黒貴之です。

突然ですが、あなたは数字には明るいほうですか?

ぼくは数学というものは苦手なのですが、
足し算、引き算、掛け算、割り算くらいならできます。

ヨーロッパは足し算の文化、
日本は引き算の文化だと言われることがあります。

ヨーロッパの建築や街並み、歴史を見ていると
それは1つずつ構築されてきた足し算の文化なんだ
ということがなんとなくわかります。

ところでこの日本の引き算的思考は
どのようなものに反映されているのでしょうか?

その1つの概念に「侘び寂び」の美意識があります。

Photo credit: vadym777 via VisualHunt / CC BY-SA

禅の精神と枯山水。水が無いが故に水を感じる

禅は鎌倉時代に、中国から日本に入ってきた仏教思想です。

そしてそれは当時の武士たちの精神性ともうまく合致し
日本で普及していくことになります。

禅の概念を具現化した代表的なものが竜安寺などの石庭です。

石庭の代表的なつくりに「枯山水」というものがありますよね。

この枯山水はまさに引き算の美学です。

最小限の素材を使用しほとんど何ものない状態にすることによって、
水や山などの自然を感じさせる空間をつくりだしています。

例えば金閣寺のような豪華絢爛な建築と庭から味わう贅沢さではなく、
銀閣寺のような質素であるが故に贅沢であるという感覚です。

「何もないからこそ、最高の美を感じる」という逆転の発想ですね。

茶道の世界を究極まで高めたのは千利休でした。

田舎の足軽から天下人にまで
昇りつめた豪華絢爛の象徴である秀吉。

利休茶道の「侘び寂び」思想は
いわば秀吉が信じてきたことを否定するような問いを
チクリと彼に投げかけました。

・・・・・・・・・・・・・・

秀:「利休よ、ワシも天下人になったことじゃし
美というものを極めたいと思っているのじゃ。
茶道は美を追求するのにふさわしいものだというが、
その道とはどういうものじゃ?」

利:「秀吉さま、美とは何もない侘しさから
生まれてくるものなのであります」

秀:「何?それではワシがこの天守閣につくった
この部屋とかこの衣装はどうなるのじゃ?
金ピカで絢爛なものじゃが?」

「何も無いから美しいなんて言ったら
ワシがこれまでやってきたことと
これから求める茶道の美とは矛盾するではないか!ええぇ!」

利:「そ、それは・・・いや、ぁ・・」

秀:「貴様~、ワシがこれまで行ってきたことを
否定するのじゃな?」

「そんなことを肯定したら、
茶道をする武士たちもワシの考えと相違していくではないか!きええぇ!キッ!」

利:「・・・」

秀:「ええぇ、なんで黙っとるんじゃ!キキッ!」

とまぁ、このようなやりとりは完璧なぼくの妄想です。

しかし、利休が茶道を極めるほどに、
権力が求める美意識とは相反していくことになったのでしょう。

それが分かっていた利休は
まさに命がけで茶道に徹していたのだと思います。

けれども最後は秀吉に切腹をするよう追い込まれてしまいます。

時の権力を脅かすほどの
「侘び・寂び」の美意識は本当に恐るべしですね。

そして「侘び・寂び」は俳人の松尾芭蕉へリンクする

その後、「侘び・寂び」精神性は後の江戸時代に活躍した
俳人、松尾芭蕉にも受け継がれてきます。

例えば、

「古池や蛙飛び込む池の音」

耳をキーンとするほど静寂さが漂う古い池。

その畔に1つの大きな石が転がっている。

おっ、よく見るとその石の上には1匹の蛙がいるね。

しばらくするとその蛙が池に飛び込んだ。

その刹那
「チャポーン」と弾む音と
鏡面のような池にスパッーっと広がっていく波紋。

その瞬間はまるで永遠の時間を感じさせるようだね。

「夏草や兵どもが夢の跡」

またここで戦があったのか。

勝った側も負けた側もそれぞれの夢や希望を持ち
大義名分を抱えて戦ったんだろう。

でも戦が終わってみると一面には多くの亡き命。

その周辺には、夏草が伸び、自然のサイクルが
何事もなかったかのようにただただ続いていく。

本当に無常なものだ。

・・・・・・・・・・・・・・

それにしても本当に美しいですね。

たった17文字で構成されている文章なのに、
頭の中で物語がバァアアっと広がっていきますよね。

この「侘び寂び」の思想も中国の禅とそれまでの日本文化が
編集されて出てきた概念なのです。

そう考えると前回の記事も含めて、
欧米で培われた現代アートというものも、
日本の中で再編集されているようにぼくには映ります。

例えば、侘び寂び的ミニマルと欧米のミニマルアート。

どちらもミニマルなのですが、
それぞれのアプローチは異なるようです。

その辺りもいずれ記事にしていきたいと考えています。

それしても「もののあわれ」や「侘び寂び」の美意識。

やっぱりめっちゃカッコいいですね!

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 日本文化のお話, 思考する