【私は何者なのか】自分ことを強烈に意識できる1つの方法

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

思春期の頃に誰もが一度は考えたことがある自問自答。

「私は何者なのか?」という人生の問い。

大学に入って、全国から集まってきた同世代の若者たちとの
出会いやバカをした時間、そして同じ鍋を囲んで
現代アートや表現、人生、恋愛についての議論。

そのような時間が今になって大切だったのかなぁと思います。

2001年ぼくが24歳の秋にドイツに行ったことは
自身の人生の中で大きな転換点だったと感じています。

その時に体験したことや人との出会いが
その後の人生にもつながっているからです。

ドイツという異国の経験は
学生時代から自問自答してきた「私は何者なのか?」という
問いへの大きな答えを導き出すプロセスにもなりました。

Photo credit: Mark Barry via VisualHunt.com / CC BY
南国のタヒチで描かれたゴーギャンの傑作、
「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」

「異質」との出会いは、自分を客観的に観ることができるチャンス

「井の中の蛙大海を知らず」という有名な諺があります。

「自分が慣れ親しんだ小さなコミュニティーから飛び出して
それまで知らなかったいろんな考え方や生き方、技術などに
触れるとそれまでの自分の小ささに気づく」という解釈をぼくはしています。

ベルリンは学生やアーティストが滞在し、
また多くの観光者が訪れる大都市で
世界中からやってくる人たちの坩堝(るつぼ)です。

市内の電車に乗るとドイツ語、英語、中国語、韓国語、チェコ語など
さまざまな言語が飛び交っているのが日常的です。

そして、ぼくのような日本人にとって
他国の人、風景、建築、食べ物、空気、匂い・・・
全てが初めて体験するものばかりでした。

それは学生の頃に経験したものとは全く違うものでした。

つまり異国であり、
そして、全てが自身にとって
「異質」だったわけです。

そこで会う人たちとの会話。

「君はどこから来たんだ?」

「黒い髪って素敵だよね」

「ドイツ語話せるの?」

「何で日本には3種類のアルファベットがあるんだ?」

「日本までは何時間くらいかかるんだ?」

「日本の温泉には猿が入っているんだろ?」

それまで当たり前だと思っていたことが
異国で住むとそれが当たり前でなかったりすることは多々あります。

そこで先のような問いに対して、考え始めるようになり、
そして初めて気づくのです。

「あっ、自分は日本人なんだ」と。

ドイツという異国の地で「私は何者なのか」という問いに対して
強烈に意識する、否、意識せざるを得なかったのです。

異国の地で酸いも甘いも体験できることはラッキーなことだ

いろいろな国々からやってきている人たちと
知り合うことができたのはとても良い経験でした。

2011年から滞在していたブランデンブルグ州の
ラーテノウという街では難民の人たちの専用住居があります。

彼女/彼らはまずにドイツに到着して
ドイツ政府から「あなたここの街に住んでください」と指示を受けて
振り分けられていくのですが、その1つの街がラーテノウでした。

そこには、イラン、イラク、アフガニスタン、
シリアなどの中東地域やナイジェリアなどの
アフリカ諸国からやってきた人たちが住んでいます。

とても小さな街でしたから、
街中では難民の人たちをよく見かけましたし、
語学学校ので知り合った生徒と出会うと
「やぁ、元気かい?仕事の調子はどうだ?」
なんて道端でよく話をしたものです。

もちろん、彼らとの共通言語であるドイツ語でです。

妻がドイツ人の友人に、ゆかりのおにぎり
なんかをつくって持っていくと
珍しがってたいそう喜ばれたりもしましたし、
またレシピも教えたりしていました。

自分がドイツという異国で異質だと感じてたように
その国に住む人たちにとっても
ぼくたちは異質な存在だったわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・

「私は何者なのだろう?」と考えることは
誰でもあることですし、自我を形成していくうえで
それは1つの通過点なのだと思います。

しかし自分一人で部屋の中に座り込んで考えていても
きっと答えは出てこないでしょう。

多くの他者との出会いや彼女/彼らから受ける何かしら刺激によって
自分を見つめ、考えることができるでしょう。

また、そのプロセスの中で「異質なもの」に触れる機会が多いことは
それだけ多くの違った風景を観れるということでもあるのはないでしょうか。

異質なものに対しては一種の不安感が伴いますが、
それまで遭遇したことのない体験であるからこそ、
それを機に新しい概念が自分の中に入ってくるのです。

そして、あなたがそれまで見ていた風景とは
また少し違った風景が見え始めるでしょう。

そういう意味において、ぼくの2回に渡る
約6年半のドイツ経験は
今の自分(彫刻家としても)を形成している非常に大切な要素が
詰め込まれた時間だったと実感しています。

古から人々が人生の中で考え続けてきた1つの問い、

「私は何者なのか?」

ぼくがその答えの1つを導き出すとするのなら。

異国や他者など、それまでの自分の経験にはない
「異質なもの」に五感で触れる体験が
「私は何者か」を強烈に意識する1つの大きなチャンスである。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - ドイツ生活, 人生, 思考する