月: 2012年2月

©takayuki daikoku renmen Ensemble / 連綿アンサンブル

【存在の認識】家族の存在 | 「生は死」であり、また「死は生」であるのかもしれない

その人が「存在する」とはどうゆうことなのだろうか。 確か小学2年生くらいの時に 町内のお寺にあった手塚治虫のブラックジャックを読み えらく感動した記憶があります。 主人公が医者で 生や死や人生にまつわる話が多いこの漫画から 学ぶものは、僕にはたくさんありました。 もう何度読み直しかわかりません。 今振り返ると、このころ [...]
Continue Reading