Amazon Go!紙幣や硬貨は無くなっていく?資本主義は愉快だ!

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

太郎:「おかあさん、今日の晩御飯何にするの?」

母:「カレーにしようかしら・・・あれっ?お肉が無いわ!
ねぇ、太郎、ちょっとスーパーで買ってきてくれる?」

太郎:「でえぇ~!ぼくがぁ~」

母:「残ったお釣りはお小遣いにしていいから」

太郎:「ホントにもうぅ・・」

とブツブツ言いながらしぶしぶ太郎君は
自宅から徒歩5分のスーパーに買い物に出かけていきます。

そうして、いつもようにレジで精算をしてお金を払って・・・

この何気ない日常の一場面です。

ところで、私たちが買い物をする際に必ず通る場所があるのですが、
どこだかわかりますか?

そう、レジです。

精算を済ませてから外に出ないと万引きになっちゃいますからね。

そのシステムに関して、Amazonが「Amazon Go」
という買い物システムの開発を行っています。

細かい話は、より詳しい情報がある他のサイトに委ねるとして
先ずは、この動画を見てください。

Amazon Go

物質のお金は無くなっていく?お金ってなんだろうね?

いかがでしたか?

英語はわからなくても、この買い物システムの概要は理解できたのでは
ないかと思います。

レジで精算を行わずに買い物ができていることに驚きませんか?

貨幣は「貝」を「化」えると書きます。

お金の概念が誕生する前は、魚と野菜とか
衣服と農業の道具というように物々交換をしていたわけです。

それではあまりにも面倒くさいということから
価値があった貝が使われるようになりました。

そして、時代が変遷し、国同士の交易が盛んになりだすと
銀貨や金貨が登場してきます。

ただコインも大量に所有していくと重たくなり、
持ち運びにはとても不便ですよね。

そこで、中国やヨーロッパでは印刷技術が発展していくにつれて
紙幣が普及していくわけです。

当時はまだ紙幣の裏付けとして「金」がありました。

ところが、1971年のニクソンショックによって
金本位制が解体し、やがて変動相場制に移行していきます。

というのが、めちゃくちゃざっくりとしたお金の歴史です。

Amazonが開発しているAmazon Go的購買システムが普及していくと
お金という物質はほとんどなくなっていくでしょうか。
(現時点でも、ドンドン数字化されていますが・・・)

そうなっていくと、人々が抱いているお金のイメージは
さらに変化していくことでしょう。

またAmazonは他にも上空14000mで商品を管理する
空中倉庫の実現化も目指しています。
空中で倉庫を管理して、ドローンを使って
そこから配達を行っていくというのです。

このAmazonやgoogleなどの動向を見ていると
私たちが当たり前のように浸ってきた
今までの既存システムに対する
挑戦にも思えて仕方ありません。

次回に続く。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
【彫刻家のアトリエ】彫刻家は自分の世界を見せることができる仕事場を持とう!

芸術家が仕事場(アトリエ)を持つことは非常に重要です。芸術家は制作することが仕事です。みっちり作品がつくれる空間を確保し、実物の作品をみてもらえること。ぼくがドイツで経験し痛感していることです。

2
あなたは何者?芸術家になるなら揺るぎない自分の肩書きを持とう!

日本にはニューヨーク市が発行しているプロの芸術家証明書というものがありません。つまり芸術家の定義がないようです。どのような人が芸術家になっていくのでしょうか。

3
【縁起の間】白梅・彫刻・石楠花

庭に咲く白梅を眺めながらの所感を記録。その物事が本当に良いかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのでしょう。白梅と彫刻と石楠花のこと。

4
目に見えるものと目に見えないもの。大切なものほど目に見えない

目に見えるものは分かりやすく、目に見えないものはわかりにくい。最近ぼくが聞いたとても感慨深い話です。

5
【しなやかに生きる】勝ちを急ぐときほど勝ちが遠のく-赤ちょうちんの大将のこと-

「勝ちを急ぐときほど、勝ちが遠のく」と最近聞く機会がありました。20代の頃、よく飲みにつれて行ってもらった京都三条の大衆居酒屋。その赤ちょうちんの大将の記憶と彼の言葉を思い出すことがしばしばあります。

 - 現代社会, 思考する