大黒貴之 彫刻家

1976年滋賀県生まれ。2001年ヨーロッパの現代アートの中心地ベルリンで個展を開くことを目標に渡独。2003年までにベルリンでグループ展、個展を行い、国際木彫シンポジウムにも参加。帰国後、関西を中心に活動。 2011年再び渡独を断行。ドイツ滞在中グループ展や個展を多数開催する。2015年、ベルリンのギャラリー、セミヨン・コンテンポラリー、ブランデンブルク州ハーフェルランド郡と連携し、約3年間に渡るプロジェクト「ランドアート・シュロスパーク・ヴァーゲニッツ」をブランデンブルク州ヴァーゲニッツ村の自然公園内で実施。約5年半の滞在を経て、2016年夏に帰国、滋賀県を制作拠点にする。 作品取扱ギャラリーは、MARUEIDO JAPAN(東京)とSemjon Contemporary(ベルリン)

バイオグラフィー

1976 滋賀県に生れる

1999 大阪芸術大学芸術学部美術学科 卒業

2001 大阪芸術大学大学院芸術制作研究科造形表現II(彫刻) 修了

2001-03 ドイツ、ベルリンに滞在

2011-2016 ドイツ、ブランデンブルク州ラーテノウ市に滞在

2016- 滋賀県在住・制作

個展

2021  「Cosmos」THE TERMINAL KYOTO (京都)

2020 「A Part for the Whole」MARUEIDO JAPAN(東京)

2018 「CERES / ケレス」MARUEIDO JAPAN(東京)

「Faltzeichnungen / Folded Drawings」 Semjon Contemporary (ベルリン)

2016 「3 × SOLO : TAKAYUKI DAIKOKU -Sculpture & Carve Painting-」 Semjon Contemporary (ベルリン)

2015 「ランドアート・シュロスパーク・ヴァーゲニッツ」Schlosspark Wagenitz (ヴァーゲニッツ・ドイツ)

「Fokus Garten-Salon:Takayuki Daikoku」 Semjon Contemporary (ベルリン)

2013 「renmen / 連綿 – 途切れることなく-」 Semjon Contemporary (ベルリン)

2011 「大黒貴之 彫刻展-渡独以前-」 大黒邸 (滋賀)

2009 「豊穣童子」 信濃橋画廊apron (大阪)

2008 「芽生えのリズム」 アートスペース虹 (京都)

「パンドラの箱に残ったモノ」 信濃橋画廊 apron (大阪)

2006 「再誕」 Dot Art Cosmo (大阪)

2003 「Intervention Ⅰ:Takayuki Daikoku@Ksb」 KioskShop Berlin  (ベルリン)

2001 「枯れ木に花を咲かせよう」 千早自然と星のミュージアム (大阪)

2000 「礎」 Galerie Ou (大阪)

グループ展(抜粋)

2021 「X x X – X Jahre Semjon Contemporary」 Semjon Contemporary (ベルリン)

「眼福 GAMPUKU」THE TERMINAL KYOTO (京都)

「Re:diffusion」MARUEIDO JAPAN(東京)

2020 「Skulpturen-Boulevard」Birkenwerder–Hohen Neuendorf(ドイツ)

2019 「FIND Your ART FOR CHRISTMAS」MARUEIDO JAPAN(東京)

「GAMPUKU/眼福」MARUEIDO JAPAN(東京)

「48hrs」 Semjon Contemporary (ベルリン)

2018 「Accrochage」 Semjon Contemporary (ベルリン)

「DIFFUSION」 MARUEIDO JAPAN(東京)

2017 「ランコントル -ヴィスマール:ベルリン」 gallery Kristine Hamann (ヴィスマール・ドイツ)

「”DANDANS” Archive」都内私邸(東京)

「Penetrating Paper: -Cut-Perforated-Folded-」 Semjon Contemporary (ベルリン)

2016 「Accrochage」 Semjon Contemporary (ベルリン)

2015 「Landscape and Gardens II」 Schloss Ribbeck (リベック・ドイツ)

2014 「X/x (+x) Gallery-and Artist Editions」 Semjon Contemporary(ベルリン)

「Dear Artist, Draw for Me! –Part 2:Figuration, Illustration, Notation and Sign」Semjon Contemporary(ベルリン)

「Berlin Meets Tokyo」 Gutshaus Steglitz(ベルリン)

「Dear Artist, Draw for Me!-Part 1: Abstraction, Concretion,Notation and Structure」 Semjon Contemporary(ベルリン)

「Landscape and Gardens:Takayuki Daikoku and Susanne Knaack」リベック宮殿( リベック, ドイツ)

2013 「Accrochage」 Semjon Contemporary (ベルリン)

「Straßensalon」 Semjon Contemporary (ベルリン)

2012 「一本松の記憶 -Eindrucke zum Gedenken an eine Kiefer-」オスター教会(ベルリン)

「Salon Cabinet」 Semjon Contemporary (ベルリン)

「Accrochage」 Semjon Contemporary (ベルリン)

「Kleines Kabinet」 Semjon Contemporary (ベルリン)

2011 「Choice of (Ⅱ)」 kioskshopberlin (ベルリン)

「Salon Cabinet」 Semjon Contemporary  (ベルリン)

2009 「thing matter time」 信濃橋画廊 (大阪)

2007 「個の仕事Ⅸ」 信濃橋画廊 (大阪)

「4.Kunstsalon Berlin KSb」 KioskShopberlin (ベルリン)

2002 「Installation in Serie」 Otto-Nagel-Galerie (ベルリン)

1999 「Interlink~介在する行為~」 クリスタルタワー (大阪)

1998 「日中交流展」 大阪芸術大学 (大阪)

アートフェア

2020 「artTNZ produced by AFT with APCA」MARUEIDO JAPAN(東京)

2019 「ART FAIR ASIA FUKUOKA 2019」MARUEIDO JAPAN(福岡)

「ART in PARK HOTEL TOKYO 2019」 MARUEIDO JAPAN(東京)

2018 「Paper Positions Munich」Semjon Contemporary(ミュンヘン)

「Art Bodensee」 Semjon Contemporary (オーストリア)

「Paper Positions Berlin」Semjon Contemporary (ベルリン)

2016 「Art Bodensee」 Semjon Contemporary (オーストリア)

2015 「Positions Berlin」 Semjon Contemporary (ベルリン)

「Art Bodensee」 Semjon Contemporary (オーストリア)

2014 「Art Bodensee」 Semjon Contemporary (オーストリア)

賞歴

2017 「FACE 2018(損保ジャパン日本興亜美術賞)」入選

アーティスト・イン・レジデンス

2003 「International Wood Symposium vol.8 in Germany 」(フォークトランド・ドイツ)

1998 「滝畑Art working」 (大阪)