「継続は力なり」 1プラス1は2ではなく10になる

【動画】2020年12月に東京のMARUEIDO JAPANで開催された個展「A Part for the Whole」会場風景です。

彫刻家の大黒貴之です。

1つの物事を長い時間をかけて続ていくことは本当に難しいことだと思います。

ぼくも今までにたくさんのことをやってみましたが
今なお続けることができているのは彫刻くらいのものです。

環境の変化や身体的なこと、また経済的なことで
どうしても辞めざる得ないこともあるでしょうし、
「あ~、自分にはこのセンスは無いから、もうや~めた!」と
サジを投げることもあるでしょう。

しかし、あなたもわたしも承知の通り、
1つのことを少しずつでも続けていくことが何よりの才能なのです。

継続力が物事を成すうえで、
何よりも大切なことだと教えてくれたのは
ぼくの親父だったのかもしれません。

「継続は力」を教えてくれたのは父の背中だった

継続は力なり
Photo via VisualHunt.com

 

彼は何事も綿密に計算をしコツコツと物事を実行していくタイプでした。

もともと職人肌で几帳面だったこともあるのでしょう、
本業である電気工事士の他、田んぼや畑の世話、自宅横に小屋をつくったり・・・
基本的になんでも自分でやっていく気質の人でした。

長い時間をかけて毎日少しずつ少しずつ
コツコツと時間をかけて完成に近づけていました。

学生時代に帰郷したある日、
家の玄関周辺でなにやら角材にノミでホゾを彫っている姿がありました。

それも何十本も。

そして時間の合間を見てすでに数週間も作っているようです。

「何やってんの?」と声をかけても、
「いや~、ちょっとな」とボソボソとした返答ばかり。

その後、気がつくと母屋の横に小屋が増築されているのを見ました。

父が他界していから彼の足跡をたどると
「少しずつ少しずつの延長、つまり継続力が物事を成し遂げる」
のだとぼくに伝えているようでした。

当たり前といえば当たり前ですが、これがなかなかできません。

1という単位は小さいものです。

しかし、日ごろから誰も見ていないところでも
1つことを地道に継続していくと
やがて1+1=2でなく、それは突然、5にも10にも増幅していくように思います。

そのようなことを彼の背中から学んだように感じています。

・・・・・・・・・・・・・・

 

そうそう、少し余談ですが生前親父はをぼくたちによく小言を言っていました。

当時は恥ずかしさや反発の気持ちも交じって半分聞き流していました。

ある日、飲み屋にいってフラフラ酔っ払いながらトイレにいくと
目の前に張られていた一枚の紙に書かれた文字を発見しました。

「冷酒と親父の小言は後から効く」

彼がいなくなってからしみじみと実感する言葉です。

 

YouTubeチャンネルの登録をお願いします!
オンラインで展覧会や作品制作現場の臨場感をよりお伝えすべく動画配信に注力中です。こちらからチャンネル登録いただけますと幸いです。

【動画】個展「A Part for the Whole」の会場風景その2。MARUEIDO JAPAN・東京・2020年
【再編集版】自己紹介にもなる動画です。ドイツと日本で行ってきた制作風景や展覧会などの映像です。