「継続は力なり」 1プラス1は2ではなく10になる

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

1つの物事を長い時間をかけて続ていくことは本当に難しいことだと思います。

ぼくも今までにたくさんのことをやってみましたが
今なお続けることができているのは彫刻くらいのものです。

環境の変化や身体的なこと、また経済的なことで
どうしても辞めざる得ないこともあるでしょうし、
「あ~、自分にはこのセンスは無いから、もうや~めた!」と
サジを投げることもあるでしょう。

しかし、あなたもわたしも承知の通り、
1つのことを少しずつでも続けていくことが何よりの才能なのです。

継続力が物事を成すうえで、
何よりも大切なことだと教えてくれたのは
ぼくの親父だったのかもしれません。

「継続は力」を教えてくれたのは父の背中だった

継続は力なりPhoto via VisualHunt.com

 

彼は何事も綿密に計算をしコツコツと物事を実行していくタイプでした。

もともと職人肌で几帳面だったこともあるのでしょう、
本業である電気工事士の他、田んぼや畑の世話、自宅横に小屋をつくったり・・・
基本的になんでも自分でやっていく気質の人でした。

長い時間をかけて毎日少しずつ少しずつ
コツコツと時間をかけて完成に近づけていました。

学生時代に帰郷したある日、
家の玄関周辺でなにやら角材にノミでホゾを彫っている姿がありました。

それも何十本も。

そして時間の合間を見てすでに数週間も作っているようです。

「何やってんの?」と声をかけても、
「いや~、ちょっとな」とボソボソとした返答ばかり。

その後、気がつくと母屋の横に小屋が増築されているのを見ました。

父が他界していから彼の足跡をたどると
「少しずつ少しずつの延長、つまり継続力が物事を成し遂げる」
のだとぼくに伝えているようでした。

当たり前といえば当たり前ですが、これがなかなかできません。

1という単位は小さいものです。

しかし、日ごろから誰も見ていないところでも
1つことを地道に継続していくと
やがて1+1=2でなく、それは突然、5にも10にも増幅していくように思います。

そのようなことを彼の背中から学んだように感じています。

・・・・・・・・・・・・・・

 

そうそう、少し余談ですが生前親父はをぼくたちによく小言を言っていました。

当時は恥ずかしさや反発の気持ちも交じって半分聞き流していました。

ある日、飲み屋にいってフラフラ酔っ払いながらトイレにいくと
目の前に張られていた一枚の紙に書かれた文字を発見しました。

「冷酒と親父の小言は後から効く」

彼がいなくなってからしみじみと実感する言葉です。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 人生, 思考する