【カーブ・ペインティング】 ドローイングと彫刻の間を行き来する絵画

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

2012年の夏からフリーザックの仕事場で
制作を始めました。

車で片道25分、約30Kmの道のりを
夏の気持ち良い日もマイナス10度で
1日中霧がかかっている真冬の日も
仕事場に向かい1人制作をしていました。

自分の確固たるスタイルを
どのようにして発見するのかが
当時のぼくの課題でした。

ドローイングや彫刻作品をつくる
一方でタブロー(絵画)の新作を
模索し始めたのは第二次渡独からでした。

2011年に渡独した当初は
自宅の片隅で制作していました。

その時もタブローをつくっていたのですが、
描いては壊し、描いては壊しの実験を
繰り返していました。

その時に「絵画を彫ってみよう」と考えました。

さて、どのような作品にしようかと思案して
つくった1つの作品がこちらの自画像です。

自画像
2011
キャンパスにアクリル絵具
Photo: Takayuki Daikoku

当時の自分の記録としても、つくっておきたかった作品です。

このような具象作品もいくつかつくりましたし
抽象的な作品もつくりました。

Carve-painting
2011
アクリル絵具
Photo: Takayuki Daikoku

その後、この作品シリーズは
ドローイングと融合し、やがて2013年には
ドローイングと彫刻の間の作品が発展します。
この頃から、和紙と柿渋を素材として導入しています。

Carve-painting-03
2013
アクリル絵具・和紙・柿渋
Photo: Takayuki Daikoku

Carve-painting-02
2013
アクリル絵具・和紙・柿渋
Photo: Takayuki Daikoku
courtesy of the artist and Semjon Contemporary

かつてベルリンにあったグッゲンハイム美術館があったのですが、
閉鎖に伴って、2013年の4月にドイツ銀行の美術館としてオープンしました。

下の「Carve-painting-02」はその美術館のオープンの公募展で展示されました。

そして、2016年6月から7月にかけて
ベルリンのセミヨン・コンテンポラリーで開催された個展
「3SOLO 彫刻とカーブペインティング」展で
150×105cmのタブローとして展示されることになります。

Carve Painting 2016 No.01 White & Black 2016 150×105.5 cm wood, acrylic paint, Japan paper, Kakishibu Photo: Takayuki DaikokuCarve Painting No.01
150×105.5 cm
アクリル絵具・和紙・柿渋・木
個人蔵
Photo: Takayuki Daikoku
courtesy of the artist and Semjon Contemporary

これらの作品に共通しているのは
「絵画を彫っている」という点です。

ドローイングでもなく、彫刻でもない絵画。

この作品をぼくは
「Carve Painting (カーヴ・ペインティング)」と名付けました。

そして、このシリーズはさらに発展していく余地が
大いに孕んでいるとぼくは感じています。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

©大黒貴之 All Rights Reserved.

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
【彫刻家のアトリエ】彫刻家は自分の世界を見せることができる仕事場を持とう!

芸術家が仕事場(アトリエ)を持つことは非常に重要です。芸術家は制作することが仕事です。みっちり作品がつくれる空間を確保し、実物の作品をみてもらえること。ぼくがドイツで経験し痛感していることです。

2
あなたは何者?芸術家になるなら揺るぎない自分の肩書きを持とう!

日本にはニューヨーク市が発行しているプロの芸術家証明書というものがありません。つまり芸術家の定義がないようです。どのような人が芸術家になっていくのでしょうか。

3
【縁起の間】白梅・彫刻・石楠花

庭に咲く白梅を眺めながらの所感を記録。その物事が本当に良いかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのでしょう。白梅と彫刻と石楠花のこと。

4
目に見えるものと目に見えないもの。大切なものほど目に見えない

目に見えるものは分かりやすく、目に見えないものはわかりにくい。最近ぼくが聞いたとても感慨深い話です。

5
【しなやかに生きる】勝ちを急ぐときほど勝ちが遠のく-赤ちょうちんの大将のこと-

「勝ちを急ぐときほど、勝ちが遠のく」と最近聞く機会がありました。20代の頃、よく飲みにつれて行ってもらった京都三条の大衆居酒屋。その赤ちょうちんの大将の記憶と彼の言葉を思い出すことがしばしばあります。

 - 彫刻, ドローイング