ベルリンで開催したドローイング展のカタログ "Lieber Künstler, Zeichne mir!" Part2が出版されました

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

ベルリンのギャラリーSemjon Contemporaryで行われている
ドローイング展「Lieber Künstler, Zeichne mir! Part2
(親愛なる芸術家へ、僕にドローイングを!パート2)」の
カタログができました。
ISBN番号がついた184頁から成る立派なカタログです。 Katalog_LKZM_2_buchdeckel
(カタログ表紙) 前回のドローイング展・パート1に続いて、
第二回目の展覧会にも参加させていただきました。

55人の作家と約170点のドローイングが
ギャラリー内にズラリと展示されています。
各アーティストの音色あるドローイングとその作品量は圧巻です。
展覧会風景や出品作品はSemjon ContemporaryのFacebook pageから見ることができます。
https://www.facebook.com/semjon カタログには、僕の作品は3点、掲載されました。

そのうちの2点です。 Katalog_LKZM_2_02 左 O.T(SC 07-2011) 無題(SC 07-2011)
2011,29.7×20.9cm Graphit auf Papier 紙に鉛筆

右 O.T(SC 01-2013) 無題(SC 01-2013)
2011,29.7×20.9cm Graphit auf Papier 紙に鉛筆

Katalog_LKZM_2_03 美術評論家Sebastian Preuss(セバスチャン・プロイス)さん による
各ドローイングの批評がされていますが ぼくのドローイングは
「無限の広がりと熟練した古(いにしえ)の芸術家ような
厳密かつふわりとした優雅さを持つ空想植物のドローイングである」 と
論評されています。(訳:Takayuki Daikoku)

かつて、ギャラリストのセミヨンさんは
ぼくにとにかくドローイングを描くようにと勧めてくれました。

「タカユキ、彫刻家は特に、ドローイング、ドローイング、ドローイングだ!」

スランプに陥ったときには特に重要になるし、
また、作品をつくるうえで次の新しい領域を
発見できる手がかりになるからだと。

ヨーロッパではドローイングは伝統的なものであり、
それを蒐集しているコレクターもいるそうです。

宝塚の彫刻家、谷森ゆかりが
「ドローイングは時間が経ってから評価され、売れていくものだ」と
話をしてくれたのを覚えています。

具現化されたドローイングは、 数か月または数年のちに制作する作品に
つながっているように感じます。

ですから、それは後に生み出される作品の
「前兆」であり「予感」なのだと思います。

そして、自分の「線」を発見できたとき、
それはまた独立した作品として昇華されていくのだと思います。 Katalog_LKZM_2_hinterbuchdeckel (カタログ裏表紙)

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 彫刻, 展覧会