カテゴリー:

ドイツブランデンブルグ州ラーテノウ市の街中

【DAIKOKUの根底にあるもの】これまでの私的事件、作品とリンクする関係性

以下の文章は、僕が彫刻家を志してからドイツを経て、 現在2021年に至るまでに起こった私的事件、 作品の根底にある大きな基盤のような事柄を テキストに起こしたものです。 作品をつくるうえで意識をしていることであり、 また或いは、癖のような形で作品の表面上に 出てきていることだと感じています。 近年、僕が気づいた「間-振 [...]
Continue Reading

【私的記録】過去に戻りたいとは思わない。その気持ちの心理とは

「過去に対しての悔いや未練は全くない」と食事の席で、言ったことがある。僕の面前にいた人が、その事に対して「それは過去を清算しているからだよ」言った。その言葉が妙に耳に残っている。 — 大黒貴之 (@Gross_Schwarz) September 26, 2019 冬の語源は、「ふゆる」。そして、「ふゆる」は、「ふえる [...]
Continue Reading

【年の瀬に想う】2018年もありがとうございました!

ドイツから帰郷をして、はや2年が経ちました。 2017年春先にオープンした仕事場で 日常的に制作をしています。 特に看板を掲げることもなく、 ひっそりと佇んでいる仕事場には、 これまで東京、北海道、大阪、京都、香港、ドイツなどの 遠方からお客さんがご来訪くださり、 その度に、とても嬉しく思っています。 view of [...]
Continue Reading
青写真01

私はただここにいる。運命?宿命?人生には青写真のようなものがあるのかもしれない。

本人の意志と努力以外に実は、自分の力ではどうしようもない大きな力が他に働いているのだと感じることが多くなりました。運命というものはあるのでしょうか?人の人生というのは、生まれたときから既に決まっているのでしょうか?もしくは、全て自分で切り開いていくことができるのでしょうか?

Continue Reading
  • 1
  • 2