ドローイングって何だ?2016年に描いたドローイングをピックアップしますよ!

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

ドローイングってなんだ?シリーズです。

ドローイングという言葉に出会ったのは
ベルリンに滞在していた2002年でした。

ドローイングについては
過去記事でも触れていますので、よければご参考ください。

参考記事:ドローイングって何ですか?
参考記事:ドローイングはスケッチではなく「前兆」或いは「予兆」である

ぼくが考えるドローイングは
作品制作のためのスケッチとかデッサンのことではなく
作品が現前するずっと以前にある「予兆」もしくは「前兆」のことです。

参考記事:インタビュー。どのような思考過程でアート作品ができるのか

ということで今回は、2016年に描いたドローイングを
いくつかピックアップします。

作品タイトルに「courtesy of the artist and Semjon Contemporary」
と記載しているドローイングはベルリンのギャラリー
セミヨン・コンテンポラリーが管理保管しています。

ドローイング 2016

O.T -無題- (01-2016)
2016
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆

photo : Takayuki Daikoku
courtesy of the artist and Semjon Contemporary

 

O.T -無題- (02-2016)
2016
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆

photo : Takayuki Daikoku
courtesy of the artist and Semjon Contemporary

 

O.T -無題- (10-2016)
2016
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆

photo : Takayuki Daikoku
courtesy of the artist and Semjon Contemporary

 

O.T -無題- (12-2016)
2016
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆

photo : Takayuki Daikoku
courtesy of the artist and Semjon Contemporary

 

O.T -無題- (23-2016)
2016
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆
private collection / 個人蔵

photo : Takayuki Daikoku
courtesy of the artist and Semjon Contemporary

O.T -無題- (27-2016)
2016
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆

photo : Takayuki Daikoku
courtesy of the artist and Semjon Contemporary

 

 

O.T -無題- (34-2016)
2016
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆

photo : Takayuki Daikoku

こうやって、作品を紹介するのもいいなぁと改めて思いました。
このシリーズも進めていきましょうかね。

実際の作品を観てもらえたらさらに嬉しいです!

今年も残りわずか、周囲を眺めていると日本の年末って雰囲気が漂っています。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

©大黒貴之 All Rights Reserved.

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - ドローイング