ドローイングって何だ?シリーズ② 今までに描いたドローイングをピックアップしますよ!

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

「ドローイングってなんだ?」シリーズの2回目です。

ドローイングについては
過去記事でも触れていますので、よければご参考ください。

関連記事:ドローイングって何ですか?
関連記事:ドローイングはスケッチではなく「前兆」或いは「予兆」である

ぼくが考えるドローイングは
作品制作のためのスケッチとかデッサンのことではなく
作品が現前するずっと以前にある「予兆」もしくは「前兆」のことです。

今まで描いたドローイングを紹介していきます。

↓2011年、ドイツに渡ってから1年半くらいは
仕事場が見つかりませんでした。
その間、ドローイングばかり描いていました。

O.T -無題- (SC08-2011)
2011
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆
private collection / 個人蔵(日本)

O.T -無題- (SC01-2011)
2011
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆
courtesy of the artist and Semjon Contemporary

O.T -無題- (SC08-2011)
2011
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆
courtesy of the artist and Semjon Contemporary

O.T -無題- (SC03-2011)
2011
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆
courtesy of the artist and Semjon Contemporary

O.T -無題- (SC15-2011)
2011
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆
private collection / 個人蔵(ベルリン)

2011年は、この先どうなるかもわからない
不安の感覚が心の多くを占めていました。
まるで迷路の中をさまよっているようでした。

その間に出てきたドローイング「O.T.(SC08-2011)」
当時のぼくはそのドローイングが何を表しているのか
まだわかりませんでした。

関連記事:ドローイングって何だ?2016年に描いたドローイングをピックアップしますよ!

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

©大黒貴之 All Rights Reserved.

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
【彫刻家のアトリエ】彫刻家は自分の世界を見せることができる仕事場を持とう!

芸術家が仕事場(アトリエ)を持つことは非常に重要です。芸術家は制作することが仕事です。みっちり作品がつくれる空間を確保し、実物の作品をみてもらえること。ぼくがドイツで経験し痛感していることです。

2
あなたは何者?芸術家になるなら揺るぎない自分の肩書きを持とう!

日本にはニューヨーク市が発行しているプロの芸術家証明書というものがありません。つまり芸術家の定義がないようです。どのような人が芸術家になっていくのでしょうか。

3
【縁起の間】白梅・彫刻・石楠花

庭に咲く白梅を眺めながらの所感を記録。その物事が本当に良いかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのでしょう。白梅と彫刻と石楠花のこと。

4
目に見えるものと目に見えないもの。大切なものほど目に見えない

目に見えるものは分かりやすく、目に見えないものはわかりにくい。最近ぼくが聞いたとても感慨深い話です。

5
【しなやかに生きる】勝ちを急ぐときほど勝ちが遠のく-赤ちょうちんの大将のこと-

「勝ちを急ぐときほど、勝ちが遠のく」と最近聞く機会がありました。20代の頃、よく飲みにつれて行ってもらった京都三条の大衆居酒屋。その赤ちょうちんの大将の記憶と彼の言葉を思い出すことがしばしばあります。

 - ドローイング