ドローイングって何だ?シリーズ② 今までに描いたドローイングをピックアップしますよ!

【動画】2020年12月に東京のMARUEIDO JAPANで開催された個展「A Part for the Whole」会場風景です。

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

「ドローイングってなんだ?」シリーズの2回目です。

ドローイングについては
過去記事でも触れていますので、よければご参考ください。

関連記事:ドローイングって何ですか?
関連記事:ドローイングはスケッチではなく「前兆」或いは「予兆」である

ぼくが考えるドローイングは
作品制作のためのスケッチとかデッサンのことではなく
作品が現前するずっと以前にある「予兆」もしくは「前兆」のことです。

今まで描いたドローイングを紹介していきます。

↓2011年、ドイツに渡ってから1年半くらいは
仕事場が見つかりませんでした。
その間、ドローイングばかり描いていました。


O.T -無題- (SC08-2011)
2011
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆
private collection / 個人蔵(日本)

O.T -無題- (SC01-2011)
2011
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆
courtesy of the artist and Semjon Contemporary

O.T -無題- (SC08-2011)
2011
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆
courtesy of the artist and Semjon Contemporary


O.T -無題- (SC03-2011)
2011
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆
courtesy of the artist and Semjon Contemporary

O.T -無題- (SC15-2011)
2011
29.7×21cm
graphite on paper / 紙に鉛筆
private collection / 個人蔵(ベルリン)

2011年は、この先どうなるかもわからない
不安の感覚が心の多くを占めていました。
まるで迷路の中をさまよっているようでした。

その間に出てきたドローイング「O.T.(SC08-2011)」
当時のぼくはそのドローイングが何を表しているのか
まだわかりませんでした。

関連記事:ドローイングって何だ?2016年に描いたドローイングをピックアップしますよ!

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

©大黒貴之 All Rights Reserved.

YouTubeチャンネルの登録をお願いします!
オンラインで展覧会や作品制作現場の臨場感をよりお伝えすべく動画配信に注力中です。こちらからチャンネル登録いただけますと幸いです。

【動画】個展「A Part for the Whole」の会場風景その2。MARUEIDO JAPAN・東京・2020年
【再編集版】自己紹介にもなる動画です。ドイツと日本で行ってきた制作風景や展覧会などの映像です。