展覧会のお知らせ「FACE展2018」

   

彫刻家の大黒貴之です(@Gross_Schwarz

2018年2月24日(土)~3月30日まで東京で開催される展覧会のお知らせです。

昨年「Carve Painting(red-green-white-black)」という絵画作品を
損保ジャパン日本興亜美術館が主催するFACE2018に応募し、入選を致しました。

2月24日から損保ジャパン日本興亜美術館に作品が展示されます。

今回は970人が応募し、五次の入選審査と二次の賞審査を経て、71名が入選(内9名入賞)しました。
入選率7.3%の狭き門を突破できたことは率直に嬉しく思います。

このCarve Paintingシリーズはドイツで生まれた作品で
今回、日本の皆さまにもみていただけることになり悦ばしい限りです。

お時間のございます折に、本作品をご覧くだされば幸いに存じます。

長い作家人生ですが、1つ1つの発表を大切にし、活動を行っていきたいと考えております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Carve Painting (red-green-white-black)
2017
192×145cm
アクリル絵具・和紙・柿渋・木製パネル

関連記事:
自画像とカーヴ・ペインティングのこと
【カーブ・ペインティング】 ドローイングと彫刻の間を行き来する絵画

・・・・・

FACE展2018
損保ジャパン日本興亜美術賞展
http://www.sjnk-museum.org/program/5250.html

会期:2018年2月24日(土)~3月30日(金)
休館日:月曜日
会場 :東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
開館時間:午前10時-午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
観覧料 :観覧料 ( )内は前売料金 20名以上の団体は当日料金各100円引き
一 般:600円(500円)
大学生:400円   ※学生証をご提示ください
高校生以下:無料  ※生徒手帳をご提示ください
主催:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞社
協賛:損保ジャパン日本興亜

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
【彫刻家のアトリエ】彫刻家は自分の世界を見せることができる仕事場を持とう!

芸術家が仕事場(アトリエ)を持つことは非常に重要です。芸術家は制作することが仕事です。みっちり作品がつくれる空間を確保し、実物の作品をみてもらえること。ぼくがドイツで経験し痛感していることです。

2
あなたは何者?芸術家になるなら揺るぎない自分の肩書きを持とう!

日本にはニューヨーク市が発行しているプロの芸術家証明書というものがありません。つまり芸術家の定義がないようです。どのような人が芸術家になっていくのでしょうか。

3
【縁起の間】白梅・彫刻・石楠花

庭に咲く白梅を眺めながらの所感を記録。その物事が本当に良いかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのでしょう。白梅と彫刻と石楠花のこと。

4
目に見えるものと目に見えないもの。大切なものほど目に見えない

目に見えるものは分かりやすく、目に見えないものはわかりにくい。最近ぼくが聞いたとても感慨深い話です。

5
【しなやかに生きる】勝ちを急ぐときほど勝ちが遠のく-赤ちょうちんの大将のこと-

「勝ちを急ぐときほど、勝ちが遠のく」と最近聞く機会がありました。20代の頃、よく飲みにつれて行ってもらった京都三条の大衆居酒屋。その赤ちょうちんの大将の記憶と彼の言葉を思い出すことがしばしばあります。

 - 展覧会, お知らせ