美術も美術教科さえも、もはやなくなっていくのでしょうか

      2018/04/16

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

日本の中学高校の美術教科は、8割が非常勤講師で構成されています。

しかも、その非常勤講師が美術部の指導もしている実情があります。

非常勤講師は、原則的に授業のコマ数しか時給は出ません。

よって部活動の指導は、実質の無給になっているのが現実が多いのではないでしょうか。

高校になると芸術は選択制が多く、3年間全く美術に触れない生徒たちもいます。

このような美術教科のカリキュラムに反映されているように、
芸術分野は、教育において価値の無いものになっているため、
美術教科の全体の8割が非常勤講師という名のアルバイトになってしまっています。

非常勤は一年更新で、正教員のような社会保障はありません。

民間企業がやっているようなことが教育機関で
公然と行われているようにぼくには映ります。

これでは人が育たないのは自明のことです。

つまり、美術教師も作家も年々、育っていかなくなると推測します。

芸術は”心の遊び”の一つだと思います。

その”遊び”が無くなると、社会は空虚で無機質になっていくように感じます。

(2017年の時点では、美術科顧問の先生の尽力によって
部活動の講師料が時間単位で出るようになりつつあるようです。
このような動きがもっと出てくることを心から祈っています)

TD_Zeichnung_05-2013 ドローイング
無題(SC 05-2013)
2013 29.7×21 cm
紙に鉛筆
撮影:H.N.Semjon

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
【彫刻家のアトリエ】彫刻家は自分の世界を見せることができる仕事場を持とう!

芸術家が仕事場(アトリエ)を持つことは非常に重要です。芸術家は制作することが仕事です。みっちり作品がつくれる空間を確保し、実物の作品をみてもらえること。ぼくがドイツで経験し痛感していることです。

2
あなたは何者?芸術家になるなら揺るぎない自分の肩書きを持とう!

日本にはニューヨーク市が発行しているプロの芸術家証明書というものがありません。つまり芸術家の定義がないようです。どのような人が芸術家になっていくのでしょうか。

3
【縁起の間】白梅・彫刻・石楠花

庭に咲く白梅を眺めながらの所感を記録。その物事が本当に良いかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのでしょう。白梅と彫刻と石楠花のこと。

4
目に見えるものと目に見えないもの。大切なものほど目に見えない

目に見えるものは分かりやすく、目に見えないものはわかりにくい。最近ぼくが聞いたとても感慨深い話です。

5
【しなやかに生きる】勝ちを急ぐときほど勝ちが遠のく-赤ちょうちんの大将のこと-

「勝ちを急ぐときほど、勝ちが遠のく」と最近聞く機会がありました。20代の頃、よく飲みにつれて行ってもらった京都三条の大衆居酒屋。その赤ちょうちんの大将の記憶と彼の言葉を思い出すことがしばしばあります。

 - 現代アート, 思考する, 日常