【行動しながら考える】2018年新年のご挨拶 1年の最も大切な月とは?

   

あけましておめでとうございます。

彫刻家の大黒貴之です(@Gross_Schwarz

photo:Takayuki Daikoku

1年の最も大切な月は1月だと聞いたことがあります。

一年の計は、正月三が日に決まるという言葉あるくらいですから、
先の言葉もそれに当てはまります。

中学の頃、体育祭で800メートル競走に出場しました。
僕の作戦として、最初は体力を温存して
最後の追い抜いてやろうと考えていました。

しかし、結果は最初に猛ダッシュしたトップ集団たちが
上位に入りました。後から先頭に追い付くのは並大抵では
ないなと感じたことを憶えています。

1年の計もおそらくそれとよく似たことなのではないかとなぁと。

スタートダッシュ、そして、止まって考えるのではなく、
行動しながら考えることができる充実した一年にしていきます。

・・・・・

2017年の春に開いた滋賀県の仕事場にも来客が増え始めてきました。

2018年2月には西新宿にある損保ジャパン興亜美術館にて、
FACE展2018が開催され、その中に自身の作品
「Carve Painting(red-green-white-black)」が展示されます。

日本でも実物の作品を観てもらえる機会が
少しずつ増えてきたと実感しております。

本年度も引き続き作家活動に注力していく次第です。

どうぞよろしくお願いいたします。

元旦、早朝、地元神社の日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)に
初詣に行きました。2003年に、バームクーヘンで有名な「クラブハリエ」が
当神社横にお店をオープンしました。
その効果もあり遠方からの来訪者が増えています。

写真は、神社敷地内にある能舞台と
和菓子の「たねや」さんから奉納された米俵。

直線と円形で構成されたシンプルが故に凛としたその空間に心を惹かれました。

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
【彫刻家のアトリエ】彫刻家は自分の世界を見せることができる仕事場を持とう!

芸術家が仕事場(アトリエ)を持つことは非常に重要です。芸術家は制作することが仕事です。みっちり作品がつくれる空間を確保し、実物の作品をみてもらえること。ぼくがドイツで経験し痛感していることです。

2
あなたは何者?芸術家になるなら揺るぎない自分の肩書きを持とう!

日本にはニューヨーク市が発行しているプロの芸術家証明書というものがありません。つまり芸術家の定義がないようです。どのような人が芸術家になっていくのでしょうか。

3
【縁起の間】白梅・彫刻・石楠花

庭に咲く白梅を眺めながらの所感を記録。その物事が本当に良いかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのでしょう。白梅と彫刻と石楠花のこと。

4
目に見えるものと目に見えないもの。大切なものほど目に見えない

目に見えるものは分かりやすく、目に見えないものはわかりにくい。最近ぼくが聞いたとても感慨深い話です。

5
【しなやかに生きる】勝ちを急ぐときほど勝ちが遠のく-赤ちょうちんの大将のこと-

「勝ちを急ぐときほど、勝ちが遠のく」と最近聞く機会がありました。20代の頃、よく飲みにつれて行ってもらった京都三条の大衆居酒屋。その赤ちょうちんの大将の記憶と彼の言葉を思い出すことがしばしばあります。

 - 作家活動のこと, 思考する