TAKAYUKI DAIKOKU 人生はアートという名の想像力

なんで「今でしょ!」なの?あなたの人生の中で最も若い時はいつ?

人生の最も若い時Photo via Visual hunt

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

人生で誰もが確定していること。

それは「死」を迎えるということです。

ぼくは70歳くらいまで生きれると仮定して
人生の半分が過ぎました。

平行してあとどれくらいの時間が自分に残されてるのだろうかと
思うことが少しずつですが増えてきました。

ぼくの祖父も親父も60歳前後で亡くなっています。

自身としては、どうしてもその年齢を意識してしまうところがあります。

当然、それ以上に生きることができる可能性もありますが、
もし自分にもそれが当てはまるとなるとそれほどもう時間がありません。

なぜ「今でしょ!」が流行ったのか

何年か前に放送された日本のドラマで
「いつやるの?今でしょ!」
というセリフが流行っていました。

なぜ、そのセリフが流行ったのかというと
それは、きっと 「人はわかっていても、
今それを実行することがなかなかできないから」
なのだと思うからです。

実際、僕自身もそれはわかっているけど・・・
と思いながらも 適当に言い訳を探して、
それをやらない弱い部分はあります。

けれども、その「今でしょ!」は、
結構大事なことだとぼくは思うのです。

なぜ、「今」しないといけないのかというと
人生の中で「今」が最も若くてエネルギーがあるときだからです。

この1時間と将来の1時間

「今のこの1時間」と「10年後の1時間」は
全く別物だとぼくは考えています。

ここで質問です。

あなたの人生で一番若い時はいつなのでしょうか?



それは「今」です!

今、この瞬間が最も若い時なのですよ。

自分が意を決して、何かを始めるのなら
そして、それができる環境にあるのなら

「やるのは今です!」

彫刻の一覧ページへ
TAG index
ドローイングの一覧ページへ
TAG index
MOVIE
Instagram
- Instagramもやっています -