自称芸術家という報道に想うこと

      2018/04/16

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

漫画家であり美術家のろくでなし子さんが
「わいせつ電磁的記録頒布」という容疑で、
警視庁保安課が逮捕されたという記事を見ました。

その際に彼女の肩書を「自称芸術家」と各メディアは報道しました。
芸術家というのは彼女が勝手に名乗っているだけで、
こっちは認めんぞ。と言っているのです。

彼女は、漫画や作品からも収入を得て、
作家としての活動歴もあるので、
「自称芸術家」という報道のされ方に僕は違和感を感じています。

新しい概念を打ち出す「問い」があるか

現在において(特に現代アートにおいて)
どうなれば芸術作品として成立するのでしょうか。

僕の一つの考えとして、その人がつくった作品や表現に
「問い」が含まれているかどうかなのだと思います。

特に 「現代社会へ対する問い」
「アート界への問い」 などが内包されていれば、 そ
れは現代アート作品になるのだろう思います。

こういう見方もあるんじゃないですか?

「問い」というのは、
新しい概念を提示するきっかけになります。

だから、きれいとかうまいとか癒しがあるとかだけでなく
ゾクゾクするとか毒があるとか 皮肉があるとか
「なんやこれは?訳わからん!」
という不安を抱いたりとか、
その作品が売れる売れないとは関係なく、
そのような感覚を覚えるのは芸術作品なのだと思うのです。

そういう感覚になってしまうのは、
「問い」つまり「それまでにない新しい概念」を突きつけられているからです。

人は経験したことのないことに接すると不安になる

人は、それまでに経験したことのない概念に接すると
不安を抱いたり、そしてそれはなんのかと
命名したくなるそうです。

そうすることによって、安心するのです。

例えば、未確認飛行物体という
実際にあるかないがわからないもに
「UFO」という命名をして
安心するのと同じような構造です。

芸能人もアーティスト?

日本では、ミュージシャンや中には
芸能人もアーティストという枠にはめられています。

このことにも以前からとても違和感を感じています。

アーティストは日本語にすると芸術家です。
歌手やバンドマンたちが 「今週のアーティスト○○さん!」と
紹介して出てくるのと アーティストを日本語にして
「今週の芸術家○○さん!」という紹介されるのと全く印象が違います。

芸能人や歌手の人たち
はあくまでエンターテナーなのであって、
芸術家ではありません。

なぜなら問いがあるのではなく、
音楽などを一緒に楽しもう、
共感しようとコンセプトで成り立っているからです。

世間に「問う」ということ

逆に「世間に問うている」音楽であれば、
それも芸術になるのだと思います。

こういうものの見方もあるんじゃないですか?
こういう考え方もあるんじゃないんですか?

そういう眼差しを持って生きている人たちが芸術家なのだと思うのです。

そして、その「問い」に心が振動したとき人は感動を覚え、
その表現は芸術作品に昇華されるのだと思うのです。

今回の彼女の逮捕は、
日本において芸術家がどのような位置に置かれているのか。

また、芸術とは何かを考える一つのきっかけになるのではないでしょうか。 

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
【彫刻家のアトリエ】彫刻家は自分の世界を見せることができる仕事場を持とう!

芸術家が仕事場(アトリエ)を持つことは非常に重要です。芸術家は制作することが仕事です。みっちり作品がつくれる空間を確保し、実物の作品をみてもらえること。ぼくがドイツで経験し痛感していることです。

2
あなたは何者?芸術家になるなら揺るぎない自分の肩書きを持とう!

日本にはニューヨーク市が発行しているプロの芸術家証明書というものがありません。つまり芸術家の定義がないようです。どのような人が芸術家になっていくのでしょうか。

3
【縁起の間】白梅・彫刻・石楠花

庭に咲く白梅を眺めながらの所感を記録。その物事が本当に良いかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのでしょう。白梅と彫刻と石楠花のこと。

4
目に見えるものと目に見えないもの。大切なものほど目に見えない

目に見えるものは分かりやすく、目に見えないものはわかりにくい。最近ぼくが聞いたとても感慨深い話です。

5
【しなやかに生きる】勝ちを急ぐときほど勝ちが遠のく-赤ちょうちんの大将のこと-

「勝ちを急ぐときほど、勝ちが遠のく」と最近聞く機会がありました。20代の頃、よく飲みにつれて行ってもらった京都三条の大衆居酒屋。その赤ちょうちんの大将の記憶と彼の言葉を思い出すことがしばしばあります。

 - 現代アート