彫刻のないアトリエ

【彫刻】drops-line “renmen” シリーズ | 2013-2018

This series drop-line “renmen” extend from my Hang-type sculptures. I presented this sculpture “renmen” for the first time at Semjon Contemporary in Berlin in 2013. On the inside of the inorganic metal frame hangs an organic form like a grapes or garlic. When a sculpture project “Land Art Schloss Park Wagenitz” took place in Wagenitz for six manths. I also exhibited this series, according to a German art historian “Against gravity, the surrounding natural objects stretch upwards. But the white object on the floor is pulled down. The situation is a good feeling “I remember well his criticism. I worked together with inhabitants in Ofunato,Iwate of the sculpture” renmen -garden of Sasaki house ” in Japan. It has height of 450 cm and is up to This work was just an exhibition for two days. So, I hope to be able to exhibit it in a public place at some point.The second photo is a small work presented at MARUEIDO JAPAN in Tokyo in 2018.Hanging part is made of wood and stucco.This wood is a German oak.They are the same wood for “Wood Cell“, which I had created in the framework of the sculpture project in Wagenitz.

hang/ハング型の彫刻から展開された作品、dropsーline “renmen” のシリーズです。2013年、ベルリンのセミヨン・コンテンポラリーで初めてこの彫刻を発表しました。金属の無機質な枠の内側に、葡萄や葫を連想させる有機的なフォルムがぶら下がっています。ドイツのヴァーゲニッツ村で約半年間に渡って展示した野外彫刻プロジェクト「ランドアート・シュロスパーク・ヴァーゲニッツ」では、ドイツ人の美術史家から「引力に逆らって、周囲の自然物が上へ上へ伸びていくなかで、白い物体が下へ下へと引っ張られている対比の様子がいいね」と批評してくれたことをよく覚えています。2016年、岩手県大船渡市に滞在し、現地の方々と一緒に制作した「renmen garden of Sasaki house」の作品の高さは450cmあり、2階半ばまでそびえ立ちました。この彫刻は、2日間だけの展示でしたので、いつかまた公の場で発表できればと考えています。2枚目の写真は、2018年にMARUEIDO JAPANで発表した小品で、中に吊り下がっている部分は、木材と漆喰から成っています。この木材は、先のランドアート・プロジェクトで制作した彫刻「Wood Cell」に使用した木材と同じドイツオークです。

2:15
2019
photo:Ken KATO, Lukas Heibges, Takayuki Daikoku
film:Takayuki Daikoku