彫刻のないアトリエ

【RBG】Folded Drawings | Semjon Contemporary | 2018

Folded drawings “RGB” was presented in the summer of 2018 at Semjon Contemporary in Berlin. An organic drawing is created on 18 cm square paper. Besides, grid lines are regularly folded and drawn. Triptych is a total of 150 drawings each piece of 18 cm arranged and each piece are all unique. The grid is drawn from left to right, green, red, blue. I started working on folding drawings in early 2017 after moving from Germany to Japan.

2018年夏、ベルリンのセミヨン・コンテンポラリーで発表したフォールド・ドローイング「RGB」と個展オープニングの様子を撮影したムービーです。18cm四方の紙には、黒の後ろから有機的なドローイングが浮き上がっています。また格子状の線が規則正しく折って描かれています。3枚の扉状になっている一面には、18cm角のドローイングがそれぞれ50枚ずつ、合計150枚がタイル状に並んでいます。扉の格子は、左から緑、赤、青色によって描かれています。日本帰国後、2017年初頭から制作を始めたフォールド・ドローイング・シリーズは、Fold(折って)drawing(線を引く)という意味が含まれています。

2m18s
2019
photo:Lukas Heibges, Takayuki Daikoku
Film:Takayuki Daikoku

「RGB」
2017
Acrylic and graphite on paper/紙にアクリル絵具と鉛筆
180×283㎝
solo exhibition “Folded Drawings”
2018 by Semjon Contemporary, Berlin
photo:Lukas Heibges