彫刻のないアトリエ

【ドイツ・野外彫刻】Wood Cell | Wagenitz in Germany |2014-2015

 The sculpture Wood Cell made of German oak, which was put in 2015 in Wagenitz, has a height of 325 cm and stacked the round pieces of oak wood sequentially. The core of the stainless steel in the middle of Wood Cell was made in consultation with German craftsmen. I lay the oak material so that it wrapped around the core. Since it is not innocent and leaves the outer edge 2 to 3 cm in the oak, it pulls out like a nutshell. Wood Cell was bought from the Havelelland in Brandenburg and almost permanently installed in Wagenitz.

2015年ドイツのヴァーゲニッツ村に設置されたドイツ・オークから成る彫刻「Wood Cell」は、高さが325㎝あり、オーク材の丸いパーツを一つずつ積み上げています。中心部にあるステンレスの芯は、ドイツ人の職人さんと相談しながら作ってもらいました。その芯を包み込むようにオーク材をはめ込んでいます。当然、無垢のままだと重みに耐えられないので、オークの中は2~3㎝の外縁を残して、クルミの殻のようにゴッソリとくり抜いています。このWood Cellは、ブランデンブルグ州ハーフェルランド郡が購入し、このヴァーゲニッツ村に半永久設置されました。

2分00秒
2019
Film:Takayuki Daikoku