【必見】鋼の錬金術師(ハガレン)面白かったぞ!「一は全、全は一」に思う

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

今年も残すところ2日になりましたが、
良い年末をお送りでしょうか。

今さらというかやっとというか
「鋼の錬金術師(ハガレン)」がかなり面白いということを知って
全27巻を読破しました。

人間の歴史や戦争、国家、そしてそれらを形成する人間心理。

さらに自然の法則までを見事に描いている漫画です。

その中で錬金術師の原則である「全は一、一は全」という名セリフが出てきます。

「我は世界であり、世界は我である」とも言い換えることができるでしょう。

ぼくたちが見ているこの風景は全てが表裏一体なのだと思います。

起こりうるシュミレーションとか想定とかそのようなものではなくて
視点をスゥっと上昇させて俯瞰的に目の前のコップを眺めてみると
ひょっとしたらそれはコップではないのかもしれません。

ぼくが小学校2年生の時に出会い夢中になった
手塚治虫のブラックジャックや火の鳥、ブッダ。

そして長年愛読しているジョジョの奇妙な冒険。

それらの偉大な漫画やぼくが素晴らしいと敬服する
彫刻家たちの作品を観るとそこにも「全は一、一は全」
という法則があるようです。

甘いショッパイ、男と女、過去と未来、生と死、右と左、西と東、我と他者・・・

正しいは間違いであり、一瞬は永遠なのです。

世間では、教育費にはこれだけ、この保険がおすすめですよ。
老後にはこれだけお金がかかりますよ。このような家を買いましょう・・・
いろいろと言われますが、それはその業界の人たちが
仕掛けている宣伝文句なのですよね。

確かに人生を歩んで行くうえで全て大切なものです。

でもね、それは資本主義という貨幣経済の中でのことじゃないかな。

それ以前に人生の根底には
「全は一、一は全」的なものがあるように思うんですよね。

あっ、それから漫画の中にでてきたグリードが言ったもう一つの名セリフ

ありえないなんてことはありえない

ハガレンの中ではこのように表現していましたが
これらのセリフには人生賛歌のような歓喜が秘められると感じるんですよね。

それにしても、鋼の錬金術師めちゃくちゃ面白かったです!!

読んでよかった~!

そして2016年も面白かった!

明日はいよいよ大晦日。

除夜の鐘を聞きながら、2016年を振り返り
そして2017年も面白い1年にしていきましょう!

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 思考する