TAKAYUKI DAIKOKU 人生はアートという名の想像力

【冬は増える時期】ドイツで出会ったタキエさん、そして忘れられない一言

彫刻家の大黒貴之です(@Gross_Schwarz

長い人生、誰しも順風満帆に人生を謳歌し続けることは
極めて難しいものだと思います。

歴史や時代にも、波があるように
人生にもまた波があるのでしょう。

「苦しい時期は1000日以上は続かない」と
誰から聞いたことを憶えています。

また、冬の語源は、「ふゆる」。
そして、「ふゆる」は、「ふえる(増える)」から成った言葉だと
聞いたこともあります。

なかなか前に進むことができない冬の時期は
次の春に向けて開花するためのエネルギーを
増やしている時期なのだと。

季節にも四季があるように、冬の時代があれば、また春の時代がある。

そのようなことをタキエさんという日本女性から教わったように感じています。


Photo on Visualhunt

ドイツでタキエさんにお会いしたのは2002年でした。

彼女は40年以上ドイツに暮らし、日独の友好に力を注がれました。

初めてお会いしたにもかかわらず、
以前にも会ったことがあるかのように
食事を作ってくださったり、南ドイツの街を案内してくださるなど
大変良くしてくださった思い出があります。

「困っている人を見るとほっておけないのよ」

元気な笑顔でぼくに接してくださった姿を
忘れることができません。

そのような包容力のある心はどこから生まれてくるのだろう。

彼女の生涯を聞くとまさにドラマのような人生を送ってこられました。

中には言葉では言い表すことのできない
辛い出来事を何度も経験してこられました。

時折、笑顔の隙間に一瞬見せる
彼女の悲しい表情がぼくの眼に焼き付いています。

ある日、彼女がぼくを車に乗せて、
ニュルンベルクの街を案内してくださいました。

街から帰宅する途中、夕立になり
前が見えないくらい土砂降りになりました。

T字路から幹線道路に左折する際、
車の往来でなかなか曲がることができません。

ぼくは心中「はやく、車の往来が止まらないかなぁ」と
ヤキモキしていました。

その刹那、彼女が小さな声で、

「大丈夫ですよ。いつか必ず行けますからね」

タキエさんはもう遠くにいってしまいましたが、
彼女と共有した時間はぼくの心の中に大切にしまってあります。

ぼくも40年生きていると、なかなか前に進まないときはあるものです。

そんなとき、あの車内の景色と彼女の言葉をいつも思い出します。

「いつか必ず行けますからね」

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

彫刻の一覧ページへ
TAG index
ドローイングの一覧ページへ
TAG index
MOVIE
Instagram
- Instagramもやっています -