世の中にはいろんな能力の人たちが必要。もし全員が同じような能力になったら社会はつまらない

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

ぼくが学んだ小中高等学校の教育過程で、
「起業家になれ」とか 「自分で事業をやってみてはどうだ」
というセリフをどの先生からも聞いたことがありませんでした。

きっと、世の中にはきっとそう言ってくれる先生もいると
信じますが 大方は「進学」か「就職」ということに尽きるのでしょう。

それが、最も安全と言われている路線ですから、
間違ってはいないわけです。

誰が新しいイノベーションや概念を生み出すのか

けれども、ここで一つ不思議に思うのです。
仮に全員が労働者になったとして
社会の中で新しいサービスや概念、
イノベーションは一体だれが生み出すのか?
という疑問です。

世の中にはいろんな人がいて、
それぞれの特技や能力を持っています。

今、世間が回っているのは、
労働者、経営者、投資家などの存在があるからです。

会社や新しい仕事を生み出す起業家、経営者、
それにお金を出資する投資家
そして、その会社や組織で働く労働者です。

つまり、イノベーションや新しいサービス、概念を生み出す
原動力である企業家や投資家がいなくなると
労働者も存在できなくなるわけです。

年々削られる芸術教科

義務教育までの基礎を元に、
それぞれの専門分野に分かれるので、
基礎5教科を勉強するのはとても大切なことです。

一方で、想像力を鍛える芸術教科は年々削られています。
その分の時間を受験対策にということのようです。

今、ソフトバンクのペッパーが話題になっていますが、
このAI(人工知能)が組み込まれたロボット。
コンピューターの最大の強みって
莫大なデータベースを元に、情報処理をすることです。

台頭してくるAI技術

この10年でAIを搭載したロボットが次々と登場することになるでしょう。

それに伴ってきっと、個々の仕事の仕方も変わってくることでしょう。

そして、イノベーションを起こしたり、新しい概念を生み出したり
想像力や人の心を扱うことは、ますます重要になってくると僕は思うのです。

そういえば、やしきたかじんさんが亡くなって
最近見た「そこまで言って委員会」。
登場するみなさん、全員とても優秀な方たちですが、
番組としての面白さは激減したなぁ・・・

©大黒貴之 Takayuki Daikokudrowing / ドローイング O.T / 無題 2016 29.7×21.0 cm Graphite on paper / 紙に鉛筆 photo: Takayuki Daikoku

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 思考する, 日常