TAKAYUKI DAIKOKU 人生はアートという名の想像力

【テンション】リラックスと緊張の狭間で制作をすること

彫刻家の大黒貴之です。

先日「制作をする上で大切なことは何ですか?」
と質問を受けたので
「その1つは緊張感です」と答えた。

日常の制作において、集中力が途切れて、
緊張感がなくなったとき、
一旦、手を休めて一呼吸置くことにしている。

その緊張感とはどのようにして
生み出していくことができるのだろうか。
今回はそのことを少し考えてみたいと思う。

緊張感が発生するときはどのような時なのだろうか

長年世界各地の公的機関で
国際外交のお仕事に携わってこられた方から、
「人間力を形成していく上で、平素の勉強に加えて、
緊張感のある場所に飛び込んでいくことが重要だ。
しかしそのような場は自分で作り出すことはできない。
だから、そのチャンスがあれば、是非飛び込むべきだ」
というお話を聞いて大変感慨深く思うことがあった。

程よい緊張感を保つことは作家として
制作を進めるうえでも非常に重要だと考えている。
これまでの制作では、いくつかのシリーズをつくってきた。
そして、いくつかのシリーズをつくると、
次第に次のシリーズに移っていく。

作品が移り変わっていくときは、
どういうときなのだろうと考える。
何か、一種の飽きのようなものなのか、
それとも自分の中でもういいやと
サジを投げたときなのだろうか・・・。

最も腑に落ちた答えとして、
きっと緊張感が無くなり、
手を動かすだけの行動に
なってしまったときなのではないだろうかと。

緊張感が生じるのは、
たいてい初めて何かを試みるときであり、
また不安を感じているときだと思う。

一方で、初めて行うことには
高揚感のようなものを同時に抱いている。

その絶妙なバランス感を抱きながら、
制作することがとても大切だと実感している。

作家は常に新しいことにチャレンジする必要がある。

なぜなら現代アートの作家にとって、
技術を向上させるのが目的ではないからだ。

技術はとても大切な要素だが、
作家にとっては、自分が見えている世界や
世に問いたいことを具現化するために、
その技術が必要になるのだろう。

程よい緊張感は
「ピンッと張りのある作品」が生み出されていく
最初の大切な要素になるのだと考える。

おそらくあらゆる分野の仕事を行う上で
緊張感を持つことはとても大切なことではないだろうか。

しかし、それはガチガチに緊張をするというものではなく
リラックス感が伴った程よい緊張感。

「テンション/tension」というのがしっくりとくる。

芸術やプロスポーツ、芸能など
主に個人が行う仕事から会社などの組織に
至るまで、この程よい緊張感がなくなると
芸が緩み始め、また組織は瓦解していくように思う。

関連記事です

「もののあはれ」から「わびさび」の思想、
茶室や枯山水の世界観からは絶妙な緊張感が
発生していると感じます。

制作を進めていくうえで、自分のアトリエ(仕事場)を
持つことは非常に大切だと考えます。
じっくりと作品と向き合う時間と空間を持つことは
程よい緊張感を持続していくことにつながるのでしょう。

彫刻の一覧ページへ
TAG index
ドローイングの一覧ページへ
TAG index
MOVIE
Instagram
- Instagramもやっています -