本物とは?本当に良い作品は消費されず時代を超えて残っていく

      2017/11/23

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

流行という言葉がありますが流行とはその時代のハヤリ廃りです。

一方で時代を超える本物が世の中には存在しています。

例えば、ダ・ビンチやミケランジェロ、ラファエロ、ボッテチェリ。
モネやゴッホ、セザンヌなどの印象派の巨匠。
ピカソにマチス、ポロック、マルセル・デュシャンなどの20世紀の巨匠など。
葛飾北斎や伊藤若冲、日本や世界に昔から伝わる仏像や画。

上に挙げた例は、一例にしか過ぎないのですが
これらは「本物」だと思うのです。

なぜなら、それらは多大な「時間の圧力」に耐えてきたものだからです。

本物は時間が経たないと分からない

本物は時間を超えるPhoto via VisualHunt

流行は一瞬の快楽のようなものです。

半年もすればどんな歌か思い出せないような音楽やお笑いなど。
それに美術の世界でも流行のものはあります。
これらは、その時は爆発的に世に広まりますがその後はほとんど残りません。
大正時代に爆発的に売れた小説や音楽をはたして現代に生きる私たちは
どれだけ覚えているでしょうか。

本物は音楽であれ、笑いであれ、美術作品であれ、時代を超えて残ります。
クラシック音楽しかり、黒澤明、小津安二郎の映画しかり、そして古典落語しかりです。
それらは、何十年、何百年もの時間の圧力に耐えて今なお現代に残っているのです。

本物は時間が経たないとわからないものなのです。

ぼくも自分がつくった品はその時代の流行ではなく
多大な時間に耐えうる本物の作品をつくれるように心がけています。
しかし、いかんせん書いてきたように時間が経たないと
分からないので、時点ではそれが良いか悪いか分からないのが本当のところです。

それともう一つ大事と思うことは、
必ず誰かの目に触れてもらって他者の手によって
残してもらっていくということです。

なぜかというと、今まで残っている作品は、
他者が大事に管理をしてきたことによって残っているからです。

作家が死んでしまったあとは他者に任せるしかありません。

ですからそのような作品の魅力もまた必要なのです。

作家は考えてきたことや自分のリアリティを
つくっている瞬間、命一杯、作品にこめることしかできず、
その作家が残した痕跡を後世に残していくのは
作家自身ではなく他者がその役割を担っているのです。

マーケットで売れる作品と本当に良い作品はまた別だとか言われることがありますが、
マーケットで売れるものでも残るものは残っていきますし、残らないものは残りません。

ただ作家のアトリエの中に眠っている作品よりは
第三者が作品を所有していく方が残っていく確率が大きくなるのは確かです。

なぜなら誰にも知られていないということは存在しないのと同じだからです。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

2009年9月24日の「時代を超えて残るもの」を加筆添削した文章です。

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
【彫刻家のアトリエ】彫刻家は自分の世界を見せることができる仕事場を持とう!

芸術家が仕事場(アトリエ)を持つことは非常に重要です。芸術家は制作することが仕事です。みっちり作品がつくれる空間を確保し、実物の作品をみてもらえること。ぼくがドイツで経験し痛感していることです。

2
あなたは何者?芸術家になるなら揺るぎない自分の肩書きを持とう!

日本にはニューヨーク市が発行しているプロの芸術家証明書というものがありません。つまり芸術家の定義がないようです。どのような人が芸術家になっていくのでしょうか。

3
【縁起の間】白梅・彫刻・石楠花

庭に咲く白梅を眺めながらの所感を記録。その物事が本当に良いかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのでしょう。白梅と彫刻と石楠花のこと。

4
目に見えるものと目に見えないもの。大切なものほど目に見えない

目に見えるものは分かりやすく、目に見えないものはわかりにくい。最近ぼくが聞いたとても感慨深い話です。

5
【しなやかに生きる】勝ちを急ぐときほど勝ちが遠のく-赤ちょうちんの大将のこと-

「勝ちを急ぐときほど、勝ちが遠のく」と最近聞く機会がありました。20代の頃、よく飲みにつれて行ってもらった京都三条の大衆居酒屋。その赤ちょうちんの大将の記憶と彼の言葉を思い出すことがしばしばあります。

 - 現代アート, 思考する, アートのお話