観念論と唯物論。 ヴィジョンと環境の2つの要因によって人間力を高める。

      2018/02/05

13年ぶりの対面

Flora

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

前に買ったタカユキの作品の一部が外れちゃったんで、修理してくれる?」
とヘンリックさんがセミヨン・コンテンポラリーの
隣にあるカフェで声をかけてきました。

作品は「Flora」

彼の部屋にお邪魔すると暖炉の前に僕の作品が2点展示してありました。

その作品とは13年ぶりの再会になるでしょうか。
土台の裏側を見ると、あどけない青色の筆文字で「貴之」と書かれてあります。
25歳の自分と再会したようで、感激する一方で恥ずかしいような気持ちも。

"ウレシハズカシ"というのがしっくりくるのかもしれません。

「君の作品がほしいんだ」

13年前そうヘンリックさんは僕に声をかけてくれました。

「あの作品は壊れているから駄目だよ」というと。

「じゃ、修理してくれる?」

そういって、後日修理した作品を
彼のお姉さんと一緒に僕の部屋まで取りに来てくれました。

嬉しそうに作品を持って帰っていく彼らの背中を今も忘れません。

・・・・・

最初のころは、作品が売れて、純粋に嬉しさを味わっていました。
平行して、少し寂しい感覚も覚えました。

しかし次第に、作品が売れることに対して、
そのような感情と共に緊張感を感じるようにもなってきました。

身銭を切って、作品を購入していただくということに対して
制作者としての責任感をより意識するようになりました。

人間力を高める2つの要因

賢者たちは庭へ行く

人っていうのはどうやって成長していくのだろうと考えて続きてきましたが
おそらく、2つの要因が必要だと分かってきました。

1つ目は、自分のヴィジョンを持つということ。
これは、観念論ということになります。
これ関する話は今までに何度かしてきました。
「どのような現代アートの作家になりたいのかを知ることで行動が決まる」
ヴィジョンがないと、自分が進む方向がいつもブレてしまいます。

2つ目は、自分がいる環境です。環境が人を変えるということ。
これは唯物論になります。
周辺の環境からの影響はものすごく大きいですね。

先日、ある日本人の方と話をしていて大変感慨深く思うことがありました。

「人間力」を形成していく上で
平素の勉強に加えて、緊張感のある場所に飛び込んでいくことが重要なのだと。

しかしそのような場は自分で作り出すことはできない。
だから、そのチャンスがあれば、是非飛び込むべきだと。

作品をつくり、しかるべき場所で発表する。
また、誰に作品を見てもらいたいのか。

世間に問うという行為と作品が売れることに対しての喜びと緊張感。

「ピンッと張りのある作品」が生み出されていくスパイラル。

そのスパイラルに入れるチャンスをものにできるかどうか。

作家として歩んでいく上でとても重要なことです。

・・・・

「ブログを読んで共感したよ。
大黒を応援してもいいよ」という方は
Amazonでお買い物をする際に、
こちらからご購入いただければ幸いに存じます。
手数料を制作活動費などの一部にさせていただきます。

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
【彫刻家のアトリエ】彫刻家は自分の世界を見せることができる仕事場を持とう!

芸術家が仕事場(アトリエ)を持つことは非常に重要です。芸術家は制作することが仕事です。みっちり作品がつくれる空間を確保し、実物の作品をみてもらえること。ぼくがドイツで経験し痛感していることです。

2
あなたは何者?芸術家になるなら揺るぎない自分の肩書きを持とう!

日本にはニューヨーク市が発行しているプロの芸術家証明書というものがありません。つまり芸術家の定義がないようです。どのような人が芸術家になっていくのでしょうか。

3
【縁起の間】白梅・彫刻・石楠花

庭に咲く白梅を眺めながらの所感を記録。その物事が本当に良いかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのでしょう。白梅と彫刻と石楠花のこと。

4
目に見えるものと目に見えないもの。大切なものほど目に見えない

目に見えるものは分かりやすく、目に見えないものはわかりにくい。最近ぼくが聞いたとても感慨深い話です。

5
【しなやかに生きる】勝ちを急ぐときほど勝ちが遠のく-赤ちょうちんの大将のこと-

「勝ちを急ぐときほど、勝ちが遠のく」と最近聞く機会がありました。20代の頃、よく飲みにつれて行ってもらった京都三条の大衆居酒屋。その赤ちょうちんの大将の記憶と彼の言葉を思い出すことがしばしばあります。

 - 人生, 思考する,