月: 2019年1月

大黒貴之,ドイツ,秋の森,彫刻,現代アート

【ドイツ・秋の森で】ショートムービー:renmen アンサンブル 2015年秋

彫刻家の大黒貴之です。 最近、動画編集(ショートムービー)を作成しています。 ドローイングやタブローなどは 同じ二次元媒体である写真と相性がいいのですが、 彫刻のような三次元のものだと 動画との相性がとてもいいのではないかと思います。 2015年ドイツのヴァーゲニッツ村で開催された 野外彫刻展のメイキングや自然公園の森 [...]
Continue Reading

【Cosmosメイキングムービー】 2015年、ドイツ・ヴァーゲニッツにて

彫刻家の大黒貴之です。 2011年からのドイツ滞在中の作品発表で もっとも大きな展覧会は 野外彫刻展「ランドアート・シュロスパーク・ヴァーゲニッツ」でした。 ブランデンブルグ州ハーフェルランド郡に位置する ヴァーゲニッツ村という人口300人ほどの小さな村で 開催された個展でした。 3メートルを超える彫刻作品をヴァーゲニ [...]
Continue Reading

【カタログローンチ】「CERES/ケレス」発行のお知らせ

彫刻家の大黒貴之です。 この度、2018年6月に開催しました 個展「CERES」のカタログを 株式会社 MARUEIDO ART PROJECT より発行させていただく運びになりました。 個展に出品していました彫刻、ドローイング、 そしてインスタレーションヴューを監修しております。 冒頭には、セミヨン・コンテンポラリー [...]
Continue Reading

【アトリエに居ること】ドイツ・フリーザックで4年間制作をした頃

彫刻家の大黒貴之です。 年が明けてからも、 いつもと変わらない制作の日常が続いている。 僕にとって仕事場の空間に 「居る」ことはとても大切な時間である。 その感覚は特に2011年からのドイツ時代に 培われたものなのかもしれない。 ドイツ時代に制作をしていた頃のアトリエのお話。 フリーザックの最初のアトリエ ラーテノウに [...]
Continue Reading

作品紹介①彫刻 -pile-type/集積型

彫刻家の大黒貴之です。 自身の作品をご紹介していきたいと思います。 僕の作品を分類すると現在のところ 彫刻、ドローイング、タブロー、 インスタレーションとなっています。 さらに彫刻の中でも集積型、吊り下げ型、 drops-line renmen タイプにシリーズ化されています。 第一回目は彫刻作品の集積型をご紹介します [...]
Continue Reading

【残存の意思】テーブルに座ること、立つこと

彫刻家の大黒貴之です。   雑感ノート-20190107- 元旦、早朝、地元神社の 日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)へ初詣に行く。 今年の元日は快晴で、 日の出と共に参拝ができたことがとても気持ちが良い。 自宅、南東の小高い山を見れば朝日が顔に当たる。 その後、今年3月、東京で開催される展覧会に向けて始動をする。 昨 [...]
Continue Reading